スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

⑰ モンチョゴメリーズ あとがき。

この記事は『NicottoTown』ブログを 再編集したものです。



ビア・フール
本編の フーガとビア様の最終決戦直前に ビア様はお茶会を開きました。
182話で お茶会を開く理由に触れてるので 詳細は割愛。
その場で トマトジュースを飲むという ブラックジョークを披露しています。
「君の血は酸っぱいね 僕 飲めないよ?」に 当時 痺れました(←苦笑)。


で書いた“懐かしい夢”は 179話で消化しました。
それ以降の戦闘シーンとかが 私の捏造です。

『モンチョゴメリーズ』は 堤さんの小説に 私が挿絵や番外編マンガを
添える形で 製作されました。
堤さんの作品は 濃厚なエロシーンと 少年漫画の様なテンポの良さが
魅力でした …私にエロは無理ですスミマセン。
堤さんは テンポが良い分 キャラの掘り下げや 心理描写が浅い人でした。
その部分を 私が絵でフォローしていた様な感じでした。
私達のタッグは『モンチョゴメリーズ』だけですが とても良い経験になりました。
堤さんの影響で 私も 微エロを描きましたからね、ネコマンガですけど。

私達の本は 1冊が124ページで その中の115ページ程度が
挿絵として割り振られていました。
堤さんは 10ページを1話として勧めて行くタイプだったので 1話1絵程度でした。
ちなみに私は 1日を1話としていたので 1話が4冊になった事もあります(←苦笑)。

挿絵を描くに当たって 堤さんからの注文は たった1つでした、
「フーガをちゃんとヒーローにしてくれ」 と。
だったら名前がブラックサンシャインとか 犬とか やめてくれって思いました。

私からの注文は 主に 八海山に関してですね。
何度も書いてますが モデルが『忍たま乱太郎』の 皆本金吾との事なので
見た目にも金吾らしさを ひいては源頼家らしさを 何とかして出したかったのです。
なので 八海山の前髪は金髪ですし 鳶の双龍は日本刀ですし 左利きなのです。
で 堤さんは堤さんで 金吾臭さ対策として 八海山のルシファー化という
とても言葉では語れない様なエロシーンを 描いて下さったのでした(←笑)。
私としては ルシファー化前の 素直でまっすぐな八海山の方が好きです。
公式になっていない堤さん設定ですが 八海山の性感帯は 膝のお皿です。
挿絵 3枚は描きました(←八海山のエロの)。

堤さんが書いた最終回は こんな感じ↓です。
159話が 前述のトマトジュースジョークのお話でした。
173話で ブラックサンシャインの額の角が ビア様の心臓を貫きました。
174話で 「僕は死ぬ為に生まれて来たんだよ、ラスボスだから」という
『モンチョゴメリーズ』で いちばんせつない台詞が飛び出しました。
ビア様以外の全員が この時迄 その呪いや運命を知りませんでした。
   (※ ビア様のご両親は知ってましたけど)
175話では フーガのキスでビア様の肉体が消滅し イエローチャリオットに
魂を吸い取られ ジャスティスコインだけが残りました。
そのコインを ガラリヤの壁に封印したのが ダイキリ君です。
その際に 「俺がビアの遺志を引き継ぐ!」 と言ったので 私がそれを書かせて頂きました。
176話は ビア様の死から1年後、20人のそれぞれが描かれていました。
“取り敢えず平和”というフレーズも 176話で登場しています。



さてさて。
今回 わざわざ私が文章の方を書いたのは 堤さんが既に故人で
命日に合わせて 回収し切れなかった伏線を回収したかったからです

2011年3月11日に発生した 東北地方太平洋沖地震の津波で…。
遺体で確認されたそうで…。
あ 堤というハンドルネームで執筆されていたんです 本名でないです。
しかも 3月11日って ビア様のお誕生日でもあって… せつないですよ、
堤さんは ビア様がいちばんお気に入りでしたし(←次点:ラムジュレップ)。

これだけ長い文章(←小説?)を書いたのは 正直 初めてでしたけど
凄く貴重な体験になったと思います。
堤さんレベルの濃過ぎるエロシーンは 書けませんでしたけど(←泣)。
エロ度を下げる為に セリフ主導でお話を進めるとか 手法的にも残念で…。
それでも 堤さんの世界観が 少しでも伝わって 楽しんで頂ければ 幸いです。




ではでは そういう訳で。
公式になっていない堤さん設定を 2つ紹介して 締めさせて頂きます。

① ダイキリ君は 東京都の台東区出身です。
山手線の 上野と御徒町の間らへんですから 永寿病院生まれかもしれません。
エリアとしては 山手線の外側、多慶屋やキムチ横丁がある辺りです。
何故 そういう設定なのかと言うと 朝鮮進駐軍を暗喩したかったからだそうで。
アメ横って 戦後のヤミ市から始まったんですけど
売り物は 朝鮮進駐軍が 日本人から略奪した物だったんですよ。
つまり 元手ゼロでボロ儲けだったんです。
ダイキリ君に虐待を受けた過去があるのも そういう事なんです。
家が中華料理屋さんで 料理が得意なのも そういう事だったのです。

② ダイキリ君の性感帯は 2箇所です。
顎の先を 指で掴んで持ち上げられると“支配されてる感”を感じるそうです。
もう1箇所は ダイキリ君は蟹座という設定なので 胸だそうです。
何か 星座と性感帯って 連動してるらしいんですよ。
牡羊座が頭で (中略) 魚座が足で という感じで 上から下に向かってるんです。
で 蟹座は胸なのだそうです。
私も7月1日生まれで蟹座ですが 多過ぎて何とも言えません(←苦笑)。
ダイキリ君は 6月23日生まれ 蟹座のO型です。
ちなみに 堤さんは占いに詳しくないので 誕生日と血液型は 私に任せて頂きました。

…スミマセン 2個目はどうでも良いお話でしたね(←殴)。

wrote : 2013 03 09 sat.
exhibit : 2013 05 17 fri.

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

⑯ モンチョゴメリーズ 第190話【完】。

この記事は『NicottoTown』ブログを 再編集したものです。



ダイキリ・チャリオット
187話 ダイキリ君最大の見せ場を妄想してみました、
『もし ジャスティスの変化に合わせて服装も変わるとしたら?』と。
公式設定にはありませんが ダイキリ君は日本人です。
日本という地名が消滅した後の世界ですから…。
そういう訳で 桜をテーマに 和風で纏めてみましたが… 11歳に見えません。


フーガ:
 …だ ダイキリ? お前 その… 大丈夫か?

ダイキリ:
 何が?

フーガ:
 昨日 諜報の隊長さんに連れて行かれた後の事…
 大丈夫か? 身体とか その… 色々…

ダイキリ:
 あの人 すっげーのな!
 人数も回数も 俺より2桁は上だな 久し振りに気絶した! まじ尊敬!

フーガ:
 頼むから ゲームをクリアしたみたいなノリで そういう話しないでくれ(←泣)

ダイキリ:
 だったら 話 振るなよw

フーガ:
取り敢えず あと9日は休んでいいぞ どっか出掛けるか?

ダイキリ:
 拳闘の補習してよ ダメなら自主練すっけど。

トムアンジェリー:
 ダイちゃーん! ねーえー 夜ごはんー 何か食べたい物 あるー?

ダイキリ:
 中華で良ければ 俺 作っぞー 何人分だー?

トムアンジェリー:
 じゃーあー あの卵のスープー! 137人ぶーん!

ダイキリ:
 おー 今日はコアントローさん達も一緒かー!
 そこで待ってろー 今 行くー! 回鍋肉のピーマン 今日はちゃんと食えよー!

フーガ:
 …俺 またネギ切り担当?

ダイキリ:
 任せたぜ 師匠! 今日はキャベツとピーマンも任せた★

フーガ:
 お前 本当にタフだな(←苦笑)




スカーレット:
 取り敢えず しばらくは落ち着いて過ごせそうですね

サンドリヨン:
 えぇ デビルの卵が孵らない限りは…

スカーレット:
 自分 やっぱりサンドリヨン様が好きです!
 お願いします 自分に… んんっ…!

サンドリヨン:
 …私が貴方にしてあげられるのは ココまで。
 ココから先は 成人の儀を済ませる迄は 絶対ダメ …待ってくれますか?

スカーレット:
 待ちます! 貴女が自分のものになってくれるなら 何でもします!

サンドリヨン:
 そうですか… では 私の手を離さないで下さい、どんな事があっても

スカーレット:
 離しません! 絶対に離しません…




バラライカ:
 何だ 酔っ払いと酔っ払いか

アディントン:
 酔っ払いと酔っ払いだな! ガハハハハ!

マティニ:
 酔っ払いと酔っ払いと 下戸じゃのぅ…

ガリアーノ:
 酔っ払いと酔っ払いと下戸と下戸です

アディントン:
 出番少ない組だな! ガハハハハ!

テキーラ:
 酔っ払いと酔っ払いと下戸と下戸と コーラで酔う女ですぅ

一同:
 …居たの?




吉乃川:
 さすがに今日は ダイキリ お休みですね

八海山:
 あれだけの事があれば 体力も何もかも 尽きたでしょう

越の誉:
 あ でもでも、お城、で、お花だけ、預かって、来たんだな

吉乃川:
 何だかんだで 律儀ですね、ダイキリって

越の誉:
 蟹座も、O型も、律儀な、タイプ、じゃないのに、ね

吉乃川:
 先輩は 本当にお誕生日覚えるの得意ですよね
 俺 記憶力には自信無いんで 羨ましいっす

八海山:
 頭の中が無自覚な方向音痴なのよね

吉乃川:
 体育委員会ネタで締めたい気持ちは 分からなくないけど
 いつまで引っ張るの? それと 先輩には敬語使いなさい
 昔はもっと 素直でまっすぐで正直な良い子だったのに…

越の誉:
 …あ あの、ごめん、ね? 僕、が、八海山を、壊しちゃった、から…
 それでも、僕、八海山、が、好きだから 絶対、好き、だから… あっ…

八海山:
 …誉の唇って 弾力があって 気持ち良いのね

吉乃川:
 じゃあ 邪魔者は退散します お頭の所に行ってますからー

八海山:
 迷子縄 無しで?




ラムジュレップ:
 所変わって 諜報部本部、吉乃川君はココに辿り付けませんでした

カンパリ:
 この時代に迷子縄とは 懐古的で滑稽でございますね

チチ:
 私がココに居る意味が分からない…

カミカゼ:
 …アレではないか? 根暗組と言うか サイバーコップ組と言うか

チチ:
トムアン(←朝倉さん)が居ないから ちょっと違うと思う

カンパリ:
 DVD いつになったら購入されるのでしょう、このブログの管理者殿は

カミカゼ:
 脳内自己完結ネタをやらされてる私達 やっぱり扱い悪いな…

チチ:
 いいじゃない、“取り敢えず平和”なんだから

ラムジュレップ:
 …私 城の方に居る筈なのに なんでこの会話に参加してるんだろうねぇ?

チチ:
 え? そういうオチ?




ジン:
 そろそろ夕食ね 父さん連れて行かなくちゃ

コアントロー:
 君も 色々と大変だね

ジン:
 もう慣れたわ 日課に組み込まれてるから

コアントロー:
 今日は ダイキリが作ると言っていたな

ジン:
 また激辛だったら ヤだなー 辛くなければ美味しいけど…

コアントロー:
 辛かったら 俺が食べてやろうか?

ジン:
 私は貴方に食べられたいんだけど?

コアントロー:
 良いだろう 俺の部屋で待ってる

ジン:
 どうせまた ダイキリ君の特訓のお手伝いするんでしょ?
 体力 残しておいてね♪

コアントロー:
 問題無い 今は“取り敢えず平和”なんだからな
 緊急出動や休日返上は しばらくは少ないだろう




ダイキリ:
 あーあー マイクテス マイクテス、メシぃ出来たぜ! 回鍋肉だ
 冷めないうちに とっとと集まってくれ! 連絡以上 (ガチャッ)

 …っ ラム、ジュレッ…プ、さん… あぁっ!… みんな来ちゃ… ダメぇ… 許し、てっ…
 もう俺… 俺… はぁぁぁぁ!!!




ビア:
 あーあー 僕の立ち位置 完っ全に取られちゃったなぁ
 ラムジュレップじゃ 仕方無いかな?
 “取り敢えず平和”なら しばらくは 僕の出番も無さそうだしね(←苦笑)。



wrote : 2013 03 09 sat.
exhibit : 2013 05 17 fri.

関連記事

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

⑮ モンチョゴメリーズ 第189話。

この記事は『NicottoTown』ブログを 再編集したものです。



カミカゼ・エンペラー
凄く無理のあるカミカゼ氏…。
カミカゼという名前のカクテルがあるのだそうで それが名前の由来です。
恐らく この『モンチョゴメリーズ』 コレとあと3話で終わります。
戦闘シーンを捏造したら 1日で書き上げられなくなってしまいました。
エロ無しも無理でした(←殴)。


やぁ 胡散臭いオジサンこと スパイのラムジュレップだよ。
ニコタの女性用アバターで 私を再現するのは無理だよねぇ。
2時間 プレミアムショップを右往左往していた ころんさんの無駄な努力、
笑わせてくれるねぇ。
あぁ 私のモデル、『ルナティック雑技団』の黒川さんって情報 必要?

昨夜 ダイキリ君がいっぱいサービスしてくれたから 今日は 2人でラブラブデート
レッドレイで ダイキリ君の送迎をしてあげてます。
私 故ピナコラーダ嬢とは恋仲(←?)でねぇ 私にもレッドレイは扱えるんだよ。
スパイというのは 必要であれば 誰とでも寝るからねぇ。
マクシメイリア家のピナコ嬢との繋がりも 元を辿れば そういうご縁で。
笑わせるでしょ?

本日のデートプラン。
通常なら片道10日を要する“ガラリヤの壁”という名前の遺跡迄 往復。
カンパリ君のモノクロームコーデーシュなら テレポートで10秒以下、
私がレッドレイを操れば 往復7時間… ダイキリ君 何か企んでるねぇ。
青●んとか 露●の趣味でもあるのかねぇ?
まぁ 私は3年前から ダイキリ君の被虐趣味 知ってたけどねぇ。
虐待の過去がある子は 個人差はあれど 大抵… ねぇ?

ちなみに 今は レッドレイの上で“お仕置きのお預け”なぅ。
ダイキリ君 頑張って耐えてます 笑わせてくれるねぇ。
上目遣いで 泣いてギブアップしてくれれば すぐにでも介抱してあげるのに。




しかし 分からないねぇ。
私は 私のフラッシュバルカンと こっそりピナコ嬢のレッドレイを持ってるけど
ダイキリ君は ビア様のイエローチャリオットを 従えないつもりらしい。
187話では ブライトアーチャーとの二柱融合まで出来たのだから
そのまま 2つのジャスティスを従えても良いのに ねぇ。
私に送迎役を頼んだのは 本当に青か●が目的だったかもしれないけど
それにしても カンパリ君にテレポートを頼まなかった理由が 謎なんだよねぇ。

では オジサンの親切な解説 ジャスティスコインの封印方法。
“その場所”に コインを 封印用の釘でトンテンカンテンやる。
金槌は何でもOK 儀式とかお供えも不要 所要時間もせいぜい1分。
封印は 封印した者か ジャスティスがマスターと認めた者にしか解けません。
以上 解説終わり。

さぁ 着いた、ここはガラリヤ。
3時間以上耐えたご褒美として この格好で封印に行かせようと思ったけど
人目のある所で 私がみっともない真似をさせる訳には行かないからねぇ。
私は大人だからねぇ それくらいの分別はあるよ?




ガラリヤを後にして。
素で話をしても きっとダイキリ君は 肝心な事は教えてくれない。
理性の箍を外してやって それでようやく 少し口を開いてくれる程度。
本当にダイキリ君には スパイの素質があると思うねぇ。

それでも 彼はモンチョゴメリーズの次期リーダーだ。
本人がそれを目指して 士官学校を目指す程なのだから 仕方が無い。
ビア様の様なカリスマ性や統率力は無くても 洞察力と 本心を見抜く心眼と
“7:戦車”は勝利と征服の能力だ 殿(←しんがり)に相応しい。
私の“2:女帝”は 戦闘向きではないし 私は男、逆位置ではみっともない。




帰りの3時間で どうにか私に分かった事。
カンパリ君に頼まなかったのは 単純に 181話の出来事が恐かったから。
彼のビア様への忠誠心は 私の目から見ても 異常だ。
デビルの卵を孵す程の恐怖を経験したのだから 理解出来ない程でもない。

そしてもう1人 文章的に端折られているビア様信者が居る 八海山だ。
恋仲の越の誉が 戦争に反対してレジスタンスになっても 八海山は残った。
主にこの2人への配慮の結果 こっそり戻しに行く事を選択したのだと。

そして 戻したいちばんの理由は ダイキリ君らしい答えだった。
「自分の力で戦いたいから」と… 笑わせるねぇ
肉欲に溺れて 自尊心や矜持まで喋ってしまうとは まだまだ子供だ。
それでも いちばん肝心な事を隠し通した事については 褒めてあげよう。
まぁ 子供相手の拷問であるが故に 手を緩めてしまったきらいはあるのだが。

人類に課せられた宿命は 先の戦争で果たした。
ビア様は死んだ。
では 今後 碁盤の上の碁石である 私達モンチョゴメリーズを どう扱って行くのか
どうやっていなすのか どう運営するのか 彼は 答えなかった 笑わせるね。
しかしどうして 私達の命運は 未来の殿 ダイキリ君の手の中にある。
彼がもう少し大人になったら 茶でも飲みながら 同じ質問をしてみようと思う。

それまでは 私達は生き延びなければ。
だって 私 諜報部員でしょ? 結構 命がけなんだよねぇ。
スパイだってバレたら その場で即刻射殺とか 日常茶飯事なんだから。
部下の近接トリオは 若いなりに頑張ってるけど まだまだ未熟だしねぇ。
あぁ 吉乃川26歳 越の誉33歳 八海山23歳(←現時点)って情報 必要?




さてさて フィロントタロン迄 あと1時間位か。
焦らすだけ焦らしたし ダイキリ君の忍耐力も限界みたいだねぇ。
ケルベロスなんて二つ名を持つ 武闘派のダイキリ君の こんなあられもない姿
もうしばらく オジサンだけの宝物にしておきたいねぇ。

自傷に走る勇気も無いくせに 底無しの被虐性を湛えた目で 私を見詰める。
詰られたいと懇願する。
武力を持たずとも 言葉や暴力だけで 人間の心は簡単に捩れ 壊れてしまう。
傷付く事を誰より恐れているのに 爪を立てられて悦ぶ。
ジャスティスなど無くとも 人間は憎しみ合い 武器を手に取り 互いに壊し合う。
愛する者を守る為 武器を手に取り 壊し合う。
まだ愛を知らぬ少年は 嗜虐性の中に愛を求め 爪を立てられて悦ぶ。
ジャスティス、私達の世界に残された呪いは 誰が為に? なにゆえに?
美しく歪で哀れな少年よ まだ今は 跪いて 私の足を舐めるがいい。
まだ今は お前は私の愛玩人形であればいい。
さぁ 私の腕に抱かれて鳴け、私のかわいいホトトギス。




■ 個人的な感想 ■

堤さんの原作を真似て“ラムジュレップのポエム”を書いてみましたが
顔から火が出そうなくらい 恥ずかしい!!!
彼氏さんのくっさいセリフの数々が おままごとに思えてしまう…。


wrote : 2013 03 09 sat.
exhibit : 2013 05 17 fri.

関連記事

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

⑭ モンチョゴメリーズ 第188話。

この記事は『NicottoTown』ブログを 再編集したものです。



シェリー・アップルビネガー
『モンチョゴメリーズ』のキャラで 誰がいちばん好きかと聞かれたら。
モスコミュール先生の図書館でアルバイトをしている
司書のシェリー・アップルビネガーと答えます という訳で シェリー。
フーガの彼女になるのではないかと思っていましたが なりませんでした。
いずれ 吉乃川と結婚するのだそうです。


カミカゼ:
 時に ダイキリ君、キミ なんでコイン2つ着けてるの?

ダイキリ:
 え? あぁ コレは ビアのイエローチャリオットだぜ。
 モノクロームコーデーシュの中で 俺 かくかくしかじかで…

カミカゼ:
 かくかくウマウマ という訳か なるほど
 やっぱり ビア様は 魂だけで イエローチャリオットの中で生きておられるね

ダイキリ:
 あぁ ビアは死んでない 肉体を失っただけだ。
 だけど ピナコラーダは死んでる あいつは魂を食われたから。
 食われるのと 中に閉じ込められるのとでは 違うって事だな

カミカゼ:
 私達の技術力では ゼロから肉体は生み出せない。
 骨の一欠でもあれば 器の身体くらい 作れるのだが…

ダイキリ:
 そいつぁ違うぜ 箱ん中でビアに会って それで分かったんだけど…。
 俺のブライトアーチャーの中には 俺の前にマスターだった奴の魂が宿ってんだ。
 つまりだな、今はマスターが居ない状態だけど
 今のイエローチャリオットの中で ビアの魂が 次のマスターを待ってるんだ。
 だから ジャスティスは 死なない。
 すっげー性質の悪い 世代交代って感じじゃね?

カミカゼ:…
 では 先々代のマスターの魂は どうなるのだ?
 ジャスティスの中には 何十人 何百人という 歴代マスターの魂が居られるのか?

ダイキリ:
 分かんねぇ でも こん中には ビア1人しか居ないぜ?

コアントロー:
 ふむ… やはり ジャスティスの謎は まだまだ解明されなさそうだな




ダイキリ:
 時に そこの怪しいお2人さん

コアントロー: 何だ?
ラムジュレップ: えー… え? 何 私?

ダイキリ:
 うん、今夜の逢引き 俺と代わってくんね?

ラムジュレップ:
 笑わせるねぇ キミ また私と寝たいの?

ダイキリ:
 ああ 俺を抱いてください

コアントロー:…
 お前 気でも狂ったか?

ダイキリ:
 気が狂って 元に戻ったら 生きてる事を確かめたくなったんです。
 だから お願いしてるんです 俺 それなりに巧いんですよ?
 ラムジュレップさんは 知ってるでしょ?

ラムジュレップ:
 へぇ 自分から巧いとか言っちゃって 笑わせるねぇ…
 ん? んんんん?

ダイキリ:
 ……………ふっ ……ん …… んっ…… はっ…

ラムジュレップ:
 …うん、巧いけど まだまだだねぇ 80点位かな?
 目を閉じて 鼻で息して? 私をその気にさせてごらん?
 何なら 手伝ってあげようか?

ダイキリ:
 あっ… そこ…ああっ! ……ぁ… ラム…ジュレップさ… んんっ!
 ふっ… あぁ……… ラム…ジュレッ………さ… あっ! くぅぅぅぅ!!

ラムジュレップ:
 ふむ、まぁ ギリギリ合格点って所かな?
 相変わらず かわいい顔で鳴くねぇ 実にソソる
 そういう訳だから 私達 早引けさせて貰うね みなさん お先に

ダイキリ:
 みんな そういう訳でお疲れさん。
 あと 俺 明日は早く出掛けるから 朝の仕込み欠席って
 アペリティフさんに伝えといて貰えると 助かるんだけど。
 ねー ラムジュレップさん、ベッドまでお姫様抱っこで連れてって?

コアントロー:
 ふざけるな! 長殿、そんな子供相手に…

ラムジュレップ:
 だって 据え膳食わねば男が廃る ってね。
 コアントロー君は また今度ね。

ダイキリ:
 コアントローさん スミマセン 今夜だけは 俺に譲って下さい。

残された一同:
 …。

コアントロー:
 ダイキリの方が 乗り気… なのか???




ラムジュレップ:
 …で? 目的は何?
 私だけにしか話せない 何か内緒の話があったんでしょ?

ダイキリ:
 さすがは、ラムジュレップさん、ですね… あっ… くっ…
 はあっ… 明日、レッドレイで…… 連れてっ… はっ… あぁぁぁっ!
 “ガラリヤの壁”、迄…… ああっ… みんな、に… 気付かれな… よ… にっ…

ラムジュレップ:
 レッドレイ? 何の話?
 私とレッドレイが どうして繋がるのか 分からないんだけど。

ダイキリ:
 貴方、も… コイン… 2つ、持って、ま… あぁっ! そこダメっ!

ラムジュレップ:
 君の思い違いだ オジサン フラッシュバルカンしか持ってないよ。
 ふふふ… 本当に君 カワイイね 笑わせてくれる

ダイキリ:
 い、いえっ… ラムジュ、レッ… さん、も… 持っ、てる…
 ピナコの… レッド、レイ、の… コイン… 靴の… 音が違っ… あああああっ!
 それに… ラム、ジュレップさ… 嘘、吐く時… オジサ…て… 言い、ますよ… ね…

ラムジュレップ:…
 いつから気付いてた?

ダイキリ:
 ビア、がっ… ぁぁっ… 戦争…起こす… 少しっ 前、から…
 今の… 俺達、みたい、なっ…ピナコと、こうい… 事、して…の、見たっ… からっ…
 ラム、ジュぇっ…さんがっ… こんな… 見境、無くなっ…のはっ…
 俺っ がっ… ピナコ、殺した… 後、だから… はっっ! あぁぁぁっ!! あっ!

ラムジュレップ:
 もう限界? コレで何回目だっけ?

ダイキリ:
 あああああっ! 4か… ふっ!? …んんんんんんっ!!!
 ん… は… あ… ぁ……… ぁふ…

ラムジュレップ:
 …ふぅ。
 だからさっき 鼻で息しろって言ったんだけどねぇ。
 まぁ良いか そこまで見抜いてたなら 明日 私が手ずから送迎してあげよう。
 しかし 楽しませてくれるねぇ 気絶してもまだ緩まないなんて
 ここまで本格的に開発されてるとなると 逆に 哀れに思えてしまうよねぇ。
 あの遣り方でも 舌 噛まなかったし。
 さて じゃあ そろそろ私の好きに遊ばせて貰おうかな?




■ 解説 ■
ダイキリが コアントローに対して敬語なのは 本当に尊敬しているから。
頭より先に体が動くタイプのダイキリから見て 冷静に頭を使って
最小限の力で敵を倒すタイプのコアントローは いちばん身近な尊敬の対象。
ぶっちゃけ 技術的な指導力は フーガよりコアントローの方が レベルが高い。
それでもコアントローが教育係でないのは 衛兵部の慢性的人員不足が原因。
故に 運良く休憩時間が被った時に 手合わせして貰う程度の間柄。
ダイキリ的には 胡散臭いオッサンに コアントローが組み敷かれるのが
我慢出来なかった という脳内設定で書きましたスミマセン。
ダイキリがラムジュレップに対して敬語なのは 色々な意味で恐いから。
3年前 東の国に居たダイキリを拉致したのが ラムジュレップ。
暴れるダイキリを黙らせる為に“凄いパンチ”を食らわせた。
ケンカ慣れしていても きちんと戦闘訓練を重ねて来た大人のプロが相手では
絶対に勝てないと悟り そういう訳で 絶対に逆らわない。
ラムジュレップ自体は かなり真っ黒な人。 現時点で38歳。
諜報部の隊長で 肉弾戦に関しては22人中最強 頭脳労働力もある意味最強。
マイペースで空気を読まない 本音とおちょくり発言の境い目が分かり辛い。
183話-Bで 「私の血を使って、この子と私 血液型 一緒だから」と 言った人。
意外と子供の扱いは上手い。
トムアンジェリー(現時点で13歳/精神年齢は永遠に8歳)と 手を繋いで
そこのコンビニにお菓子を買いに行ったり 頭を撫でてあげたりするのは 大抵この人。
トムアンジェリーとダイキリの過去は 接点は無いけど 内容がほぼ被る。
“ラバーズのイブ”のマスターを殺している トムアンは アダムしか使えない


wrote : 2013 03 08 fri.
exhibit : 2013 05 17 fri.

関連記事

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

⑬ モンチョゴメリーズ 第187話。

この記事は『NicottoTown』ブログを 再編集したものです。



ビア・フール
お待たせ致しました アバターはビア様です。
本当は ビア様は 乗馬用の鞭(←ムチ)を持ってるんですけど…。
あと 本当は 白と赤のオッドアイなんです。
ストーリーは ココから大きく動くので BGMはコチラで。


ダイキリ君、やっぱり僕達は 親友同士だと思うよ。
君のその恐怖を取り除いてあげられるのは 世界中で 僕だけだから。

ほらほら そんな所で血だるまになってないで 起きなよ。
自分の足で立てないの? それとも 立ちたくないの?
しょうがないなぁ 僕の親友は 全く手の掛かる… 頼ってくれるなら 僕は嬉しいけどね。
さぁ 空に祈り 大地に禊を捧げ 海のいちばん深い所で僕と1つの番い(←つがい)になろう




最後に俺から滴ったのは
 新月の夜を切り取った様に黒い 背中から零れた何かと
 それを 最後の力を振り絞って抵抗する様に飛び散った白い何かと
 温度の無い 冷たい 涙

最後に俺が見たのは
 緑の光と 黄色く光る命の光




???:
 ダイキリくーん いつまで拗ねてるのー?

ダイキリ:
 (…。)

???:
 エネルギーは切れてないでしょ?
 君がくたばってる間 君の仲間達が 君の為に頑張ってくれてたんだよ?

ダイキリ:
 (あぁ やっぱ あのリンゴは 俺のデビルだったんか。)
 もういい 俺 食われてルシファーになっちまうんだろ?

???:
 君はルシファーになりたいの?
 “終わりと始まり”の能力を持った八海山だから 僕が再構築してあげられたのであって。
 僕はもう居ないし 君の“開拓と独立と勝利”の能力が ルシファーになったら
 本当に目も当てられない様な 大惨事を起こす事になっちゃうけど それで良いの?
 ジャスティスでは ルシファーは倒せないのに。

ダイキリ:
 もういい 終わりにしたい (俺は生きてちゃいけないから)

???:
 …質問を変えよう。
 君は確かに僕の元を離れたけど 君は本当に僕を裏切ったの?

ダイキリ:
 アホぅ んな訳ねーだろ
 お前が死ななくて済むには どうしたら良いのか ピナコがヒントをくれたんだよ。
 結局 俺の力不足だったけどな… でも俺は お前を失いたくなかった

???:
 どうして僕を失いたくなかったの?

ダイキリ:
 しらねーよ
 説明出来ねぇけど 俺にはお前が必要だったんだ

???:
 どうして 僕が必要だったの?

ダイキリ:
 …俺が、生きてても良い様な気がしたから

???:
 なら 生きれば良いさ。
 君が 何故生きてるのか 分からなくなる時があったら 思い出してよ、
 君が僕を求めてくれたのと同じ位 僕も君を求めているって事をね。




⇒ ココからの BGMはコチラ

???:
 さぁ 僕と番うがいい。
 僕のいちばん大切な半身、君の魂の双子…

ダイキリ:
 (この唇は 知ってる。
 俺が知ってる中で いちばん甘くて優しいキスだ。)

『イエローチャリオット ブライトアーチャー フュージョンメタモルフォーゼ!』

我、生まれ 我、ここに立ち 我、ここより馳せ参じる。
我、孤高の戦車なり ダイキリ・チャリオット。




『ブロッサムショットガン!』 (←実弾の散弾 イエローチャリオット)

『ブライトチェリーサイクロン!』 (←ビーム兵器はブライトアーチャーのもの)

『償いの花吹雪!!!』 (←よく分からないけど 両方?)

『しだれ桜!!!』 (←フィーリングで適当に流しちゃって下さい)




ダイキリ:
 …いいじゃん、生きてるって キモチイイ。

ビア:
 (そうだよ 君が生きたいなら 君が君を愛してあげれば良いんだからさ。)

ダイキリ:
 …え? 何?  ビア! もう1回言っtt
 …。
 …ビア、お前は 俺のいっちゃん大事なダチだぜ! 今でもな

⇒ イエローチャリオットとブライトアーチャーが放った 大量の桜の花弁が
 ダイキリに ビアの幻を見せた… の かもしれない。
 本当のところは 当事者の2人だけが知っていれば それで良しとする(←殴)。




コアントロー:
 頑張れ! あと1発 何とか搾り出せ!

ラムジュレップ:
 勘弁してよぉ もうみんなグロッキー状態だよ~
 私だって 今夜の為に 体力残しておきたいんだけど 君の為に ねぇ?

トムアンジェリー:
 あたしの力も使って!
 大丈夫、死んでもちゃんと封印するから!

コアントロー:
 言っただろう 今回は君がいちばん責任重大なんだって!
 その時が来る迄は 君は手出ししちゃいけない

⇒ モノクロームコーデーシュの中で 凄い爆発が起こったらしい衝撃と振動
 その後 リンゴの汁が大量に噴き出す
 ダイキリ 自力でコーデーシュの蓋を開けて 生還




ダイキリ:
 …アレ? 何してん アンタ達? 今 何かヤバい感じ?

越の誉:
 ダイキリ君! あ、あの、身体、大丈夫? どこ、か、痛く、ない?

ダイキリ:
 …腹減った メシ まだ?

ラムジュレップ:
 ダイキリ君 キミ 意外と図太いねぇ。
 やれやれまったく 笑わせてくれる…

ジン:
 その焼きリンゴ? 食べたら? いっぱいあるし

ダイキリ:
 しばらくリンゴは見たくねーや アンタが食いたきゃ 食えよ

ジン:
 焼きデビルは さすがに食いたくないわw まぁ おかえりぃ

ダイキリ:
 おぅ! ただいま。

コアントロー:
 和やかに纏めるな!
 ダイキリ、本当に身体は大丈夫なのか?
 君の戦車のデビルは 元はラバーズのイブだ 消滅はしない
 まだ 何処かに在るんだ!

ダイキリ:
 え? 何? そういう展開だったワケ?
 俺 よく覚えてねぇんだけど…。

トムアンジェリー:
 あ あのね? ダイちゃんが あたしのカードを飲み込んでたの。
 何か笑いながら 手でこうやって こう ごくんって。

ダイキリ:
 …飲み込んだ? じゃあ 吐いてみるか?

カンパリ:
 ダイキリ様、失礼ですが お背中を拝見したいのですが

ダイキリ:
 え? お おう、見れよ

カンパリ:
 …出血は治まっておられる様ですが 聖痕に変化はございませんね。
 本当に お身体にすぐれないところはございませんか?

ダイキリ:
 腹減ってるだけで 別に普通だけど?

トムアンジェリー:
 むー… ちょっと強引だけど あたし やってみるね。
 ダイちゃん、口開けて?

ダイキリ:
 あー…

トムアンジェリー:
 いくよ? ちょっとガマンしててね。
 『あたしのハニー、帰っておいで!』

ダイキリ:
 うぇ… あ゙あ゙あ゙…

トムアンジェリー:
 ふぐぐ… ハニー、あたしの言う事きいてっ!

ダイキリ:
 ぉぇぇ… うぇ… キツぅ…

トムアンジェリー:
 『コレクシオン!』
 …やった! 成功したよ! ちゃんと封印出来たよ、ホラ★

ラムジュレップ:
 よし 偉いぞ (頭をナデナデ)




コアントロー:
 取り敢えず ダイキリの件は一件落着だな。
 残るは…   俺の貞操か…。

ラムジュレップ:
 結局30発以上マグナムストライク撃ってあげたんだから
 それなりに大サービスしておくれよ オジサン 楽しみにしてるから



wrote : 2013 03 08 fri.
exhibit : 2013 05 17 fri.

関連記事

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

⑫ モンチョゴメリーズ 第186話。

この記事は『NicottoTown』ブログを 再編集したものです。



コアントロー・ジャッジメント
私が書き上げた後 ラムジュレップに組み敷かれる事になってしまった
お城の警備員 コアントロー・ジャッジメント 19歳美少年(←苦笑)。
ジャスティスのビリジアンハレルヤは 回復系で ウグイスと花です。
ウグイスは 花の蜜を運ぶ鳥ではなかった気がする…。
余談ですが オリジナル小説は 1冊当たり3回はエロシーンがあります(←苦笑)。


ダイキリ君、やっぱり僕達は 親友同士だったと思うよ。
君のその恐怖を取り除いてあげられるのは 世界中で 僕だけだから。

ほらほら そんな所で血だるまになってないで 起きなよ。
自分の足で立てないの? それとも 立ちたくないの?
しょうがないなぁ 僕の親友は 全く手の掛かる… 頼ってくれるなら 僕は嬉しいけどね。
さぁ 空に祈り 大地に禊を捧げ 海のいちばん深い所で僕と番になろう




あのピナコラーダに飲まされた 甘くて気持ち良くて恐い物は 何だったのだろう。
目は 覚めている …気がする。
背中の傷から 俺の中で暴れていた 黒くて汚い物 全部が抜けた気がしたのに
身体が重い 心臓らへんがズキズキ痛い 今は気持ち良くない。

…って ココ 何処だ?
辺り一面 見渡す限り リンゴ リンゴ リンゴ。
背中から ポタポタと血が出て 赤いリンゴに別の赤を乗せている。
「君には赤は似合わないよ」って 昔 誰かが言って 笑ってたよな。
辺り一面 見渡す限り 赤 朱 丹 そして緋色の雫。
やべぇ ちょっと恐い。

恐い 恐い恐い 恐い恐い恐い 恐い恐い恐い恐い…。
心臓の音が早くなった。
手に変な汗をかいてる 何だか喉が渇く 息が苦しい ていうか恐い。
背中の出血が 量が多くなった。

そして リンゴが一斉に 俺に攻撃を始めた。




やべぇ 一瞬油断して 何個かぶつかった 結構痛い。
俺の武器は 近接戦闘には向かない でも 今 殴る体力が無い…。
厳しいが ココはジャスティスを使う!

「『ブライトアーチャー イグニッション!』 フォルテッシモイリュージョン!」
…!!! 効いてない?

やべぇ マジで恐い!
焼け爛れた様なグジュグジュのリンゴが グロ過ぎて… シカバネみてぇで…
俺 こんな所で死にたくねぇ!!! 死んでたまるか!

「『ブライトアーチャー イグニッション メタモルフォーゼ!』
 ビッグバンブラスター!!!」 「ヴェスヴィオラケーテ!」 「富士のイカズチ!!」
   (↑ 全て ブライトアーチャーの大技)




焼き払うのには 成功… したのか?
コレは… 誰の声だ? どこかで聞いた事がある様な気がする。
でも 俺をなじるのは いちめんのリンゴ リンゴ リンゴ リンゴ…
黒くて汚い物が リンゴの汁と一緒に 溢れ出す。
黒くて汚い物が また 俺の中に入り込んで 暴れ出す。

 お前 マジで邪魔なんだけど
 何で生きてんの?
 死んでくれた方が世界が平和になる
 目障りだからえて
 その目 ムカツク
 その歳にしては 程好く絞まったいい身体してるな
 いつ居なくなってくれても構わない
 ていうか
 ちょっと強いからって調子付くな
 お前の分なんか 最初から無いんだけど
 て い う か 死 ね
 用があるなら まず ココから飛び降りろ
 お前は居なくて良い
 初めてが●●●って どんな気分?
 勝手にすれば
 私の目の届かない所に行って
 て い う か  死 ね
 その存在がキモイ
 母さんを返せ 人
 お前が居るだけで空気が重い
 いい声で鳴くな お前 もっと狂って見せろよ
 お前は俺たちとは違う
  て い う か  死 ね
 誰がお前と友達だって? 何を勘違いしてるの?
 生理的に受け付けないんだけど
 こっち来んな
 ていうか マジでんで
 頭 おかしいんじゃない?
 えろ
 お前が生きてても でしか無いから
 アンタなんか 生まれて来なければ良かったのに
 世界の平和の為に消えてください
 ゴミはゴミ箱に
 何でこれだけ痛ぶっても 涙1つ見せないの?
 母親殺し
 ここから居なくなれ
 もっと色々仕込んでやれば もっと高く売れるな
 お前には生きる価値が
  て  い  う  か   死  ね
 居てくれなくて良いよ? ていうか 断る

 死ね 死ね 死ね 死ね 死ね 死ね ね 死ね 死ね 死ね 死ね 死ね 死n…




あぁ 恐い。
生きていることが恐い。
今 ココに 俺の存在がある事が恐い。
俺が生きていてゴメンナサイ。
今 ココに 俺という存在が存在していて ゴメンナサイ。

最後に俺から滴ったのは
 新月の夜を切り取った様に黒い 背中から零れた何かと
 それを 最後の力を振り絞って抵抗する様に飛び散った白い何かと
 温度の無い 冷たい 涙




最後に俺が見たのは
 緑の光と 黄色く光る命の光…




関連記事

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

⑪ モンチョゴメリーズ 第185話。

この記事は『NicottoTown』ブログを 再編集したものです。



ジン・マジシャン
冷静に考えたら いちばんラクにコス出来るのは ジンです。
士官学校卒の大学准教授という 変な経歴の男性です。
ジャスティスは 毒針を仕込んだツバメのブローチ ブルースカイコンチネント。
女言葉でムードメーカー的キャラですが 男性です。
実際は もっと明るいブロンドなのですが 形がドンピシャなので コレ(←笑)。


ラムジュレップ:
 ねぇカンパリ氏 ちょっと提案なんだけど

カンパリ:
 何でございましょう 諜報部隊長殿?

ラムジュレップ:
 うん、君のコーデーシュの本体ってさぁ ソドム兵器クラスでも
 問題無く 閉じ込められるんだよねぇ?
 だったらさぁ あのリンゴ袋ごと その本体に入れておけば 取り敢えず安全だよねぇ

カンパリ:
 理論上は 長殿(←おさどの)の仰った通りです
 しかし それを実際に試した事がございませんので 結果は分かり兼ねます

吉乃川:
 お頭! 俺達に ダイキリを見捨てろって仰ってるんですか?
 それなら俺も その箱の中に入って ダイキリを守ります。

フーガ:
 …いや、ダイキリを信じるなら それは良いアイデアだと思う。
 俺達のケルベロスは デビルになった自分の弱さと戦っても 必ず勝てる筈だから。
 俺が知ってるアイツは 強くて逞しい、絶対に困難を投げ出さない子だぜ

越の誉:
 僕が知って、る、ダイキリ君、も、強い子、なんだな。
 ブライトアーチャーは、中長距離で、最強、だし、ケンカ、強いから、近距離でも。

フーガ:
 そうさ! 俺達のケルベロスは 1人でも最強なんだ。
 絶対 勝って帰って来る!

八海山:
 私も あの子は強い子だと思いますし 信じています。
 しかし デビルに負けて食われたら あの子はルシファーになってしまいます。
 私達では ルシファーは倒せないんですよ。
 それなのに あんなに傷付いた心と身体で 1人で戦えと仰るのですか?




コアントロー:
 長殿、アンタ あと何回マグナムストライク撃てる?

ラムジュレップ:
 んー 3回ってとこじゃない?
 でも コアントロー君が今夜 私の褥で いい声で鳴いてくれるんなら
 オジサン 10回は頑張っちゃうよ 大丈夫、痛くはしないから。

コアントロー:
 良いだろう 俺も せいぜい楽しませて頂く事にする。
 初めてが諜報部隊の長殿とは 光栄な事だ。
 その代わり 10発 全部成功して貰う 失敗は絶対に認めない。

ラムジュレップ:
 笑わせてくれるねぇ オジサン 俄然やる気が出てきたよ。
 約束しよう 腰が抜ける迄 君をよがり狂わせて 悦ばせてあげるよ。

コアントロー:
 あぁ アンタが完遂してくれたなら その後 お望み通りに乱れてやろう。
 俺のケツより ダイキリの命の方が大切だ。

ラムジュレップ:
 よし 交渉成立だ。
 私も 君みたいな美少年を抱けるなんて 光栄の極みだよ?

コアントロー:…
 ふん 下衆が! 男色とは 感心出来ない趣味だ。




コアントロー:
 よし 作戦は決まった。
 俺のビリジアンハレルヤで ダイキリの体力と傷の回復をサポートする。
 それを 長殿のマグナムストライクで 効果を最低でも5倍にして貰う。
 10回完投、みんなの体力も根こそぎ提供して貰うが 不参加者は居るか?

チチ:
 私も ピーチナビゲーターで援護するよ 成功率を上げる!

コアントロー:
 ああ 勿論 最初からそのつもりで居た 頼む。

八海山:
 結局 あのデビルは ダイキリ君に丸投げするのね…

カミカゼ:
 信じるって決めただろう、だから 君が弱気になっちゃいけない。
 私達は待つんだ ダイキリ君が 勝って戻って来るのをな。

越の誉:
 僕も、待つ、んだな、八海山、と、一緒に

トムアンジェリー:
 ねぇ あたし どうしたらいい?
 あのデビル 元々あたしの能力なんだよ? 何か出来ない?

コアントロー:
 ダイキリが勝ったら 君が封印する、
 今回は 君がいちばん責任重大な役目だ やってくれるね?

トムアンジェリー:
 うん! あたし 頑張る!

ラムジュレップ:
 よしよし 良い子だ。




ダイキリ君の体力を考えて 今回は モノクロームコーデーシュの方を大きくして
その中に あの大量のりんごを 全部まとめて入れたんだな。
僕には 棺の中で眠る死体みたいに見えて 恐かった…。
「僕が墓守の一族だから」って思って 無理矢理納得しようとしてはみたけど
りんごなのに まるでダイキリ君の死体みたいに見えるんだな…。

八海山には 一緒に待とうって言ったけど 僕も凄く不安だったんだな。
あんな凄いデビルが ルシファーになったら どうしたら良いのかって考えたら
やっぱり 恐いんだな。




僕達がジャスティスに選ばれたのは 心の在り方を気に入られた結果なんだな。
例えば 僕の能力は“15:悪魔”タロットの意味としては 欲望と混沌。
まだきちんと書いて貰えてないけど 僕の戦闘シーンは 本当に凄惨だから
“15:悪魔”って言われても 僕は納得出来るんだな。
そんな僕が 藍大蛇に マスターとして選ばれた。
今だから あれは凄く自然な流れだった様に思える 絶対 仕組まれてないんだな。

それだけ 僕はカオス的に強いけど そういう“デビルの卵”も 持ってるんだな。
95話では 僕のデビルの卵が孵ってしまった。
ダイキリ君と違って 僕は デビル化した僕のデビルに飲み込まれて
八海山に 酷い事をしてしまったんだな(←性描写的な意味で)。
壊れた八海山も デビル化した死神に飲み込まれて ビア様に再構築されてた。
だから 八海山は 99話を境に 性格が少し違うんだな 僕が八海山を壊したから。
“13:死神”は 変革の瞬間を意味するから それで「再構築されたって」言ったんだな。

今の八海山も 僕が壊した昔の八海山も 大好きだよ。
大好きで大好きで 八海山の全てが欲しくなったから 壊しちゃったんだな。
今の八海山をまた壊したら 今よりももっと 愛おしくなるのかなぁ。
僕に壊される事を 八海山がまた喜んでくれると 僕も嬉しいんだけどなぁ。

ダイキリ君がデビルの卵を孵したのは 今回で3回目。
1回封印したら それでおしまいじゃないんだな。
トラウマのフラッシュバックは 1回で済むとは限らないでしょ?
きっかけがあれば 僕達は何度でも デビルの卵を産み デビルを孵すんだな。

ジャスティスは 強い所も 弱い所も 良い心も 悪い心も 全部含めて
マスターにふさわしいか 見てるんだな。
そして 僕たち人間の方には 拒否権が無い。
僕達の間にあるのは“主従関係”で 人間の方が主ではあるけど。
ジャスティスが 最後にマスターの魂を食らうなら 本当に主なのは どっちなのかな?



wrote : 2013 03 08 fri.
exhibit : 2013 05 17 fri.

関連記事

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

⑩ モンチョゴメリーズ 第184話。

この記事は『NicottoTown』ブログを 再編集したものです。



ダイキリ・チャリオット
ダイキリ君が “ラバーズのイブ”を発動して
それに合わせて 服を変えるとしたら(←通常 そんな事は起こりませんが)。
やっぱり 11歳の男の子には見えませんでした。


ダイちゃんの背中の出血が 天使みたいな羽になって。
ラバーズのイブが デビルとして ダイちゃんの身体から生まれて。
ダイちゃん …ねぇ もう泣かないで?




八海山:
1つだけ 私達にラッキーが起こったわね。
 今回のデビルは ダイキリ君を苗床にしただけ! ダイキリ君は無事よ。

吉乃川:
 カンパリ様 どうします? スケール2つ出せますか?

カンパリ:
 すまない、エリアが狭過ぎて 2つは無理です。
 ダイキリ君の身体は 君に頼みます。
 『モノクロームコーデーシュ イグニッション!』
   (↑ 全員を包んで戦闘エリアを構築)

吉乃川:
 『紫献 変化っ!』
   (↑ 基本形状は鉄扇 本体は紙 ダイキリを包んで守る)

八海山:
 『鳶の双龍 変化!』
   (↑ 形状は長刀と短刀 斬り込み隊長として長刀で一閃)

トムアンジェリー:
 『ラバーズチョコレート! たすけてダーリン!』
 …あっ あたしも戦える! アダムは無事みたい。
 …ごめん 無事じゃない! よっしー 誉 ダイちゃん守って!
   (↑ 巨人アダムを出すも イブの意思に従ってダイキリを狙う)

越の誉:
 『藍大蛇 変化っ!』 やあああああ!!!
   (↑ アダムの巨大ハンマー攻撃を 薙刀で応戦)

スカーレット:
 『オレンジボム アペアレンス!』 食らいやがれッ!
   (↑ 投げるタイプの爆弾使い)

カミカゼ:
 『ゴールドグランド アペアレンス!』
   (↑ トラップ&地雷関連 ココでは網での拘束)

フーガ:
 『ブラックサンシャイン チェンジ!』 デビルの動きを止めろ!

ブラックサンシャイン:
 わん!

ジン:
 『ブルースカイコンチネント チェックメイト!』 麻痺弾行くわよ?
   (↑ 毒針 形状はツバメ ココでは神経麻痺系)

吉乃川:
 トムアン! 封印しろ!

トムアンジェリー:
 『ダーリン! ハニー! もどりなさい』
 うぐぐ… くふっ… もどりなさぁい…! キャッ!

チチ:
 …やっぱり ダイキリ君が大ダメージ与えてくれないと 厳しいね。
 大丈夫 トムアン?

トムアンジェリー:
 違うよ… ダイちゃんの悪夢が… 大き過ぎるんだよ…
 ダイちゃん こんなに苦しんでたの? あたし 知らなかっtt…

コアントロー:
 今は泣いている場合じゃない!
 俺達で助けるんだ その為に戦ってるんだろう?

越の誉:
 サンドリヨンさん、ダイキリ君が…
 ダイキリ君の時間、止めたげて!

サンドリヨン:
 『マジェンタリーブラ エキスパンション!』
 …ダメ、血だけが止まらない! やっぱりコレ 呪い?
   (↑ 固体・液体の時間を止める 形状は何故か上皿天秤)

ラムジュレップ:
 笑わせるね… 『フラッシュバルカン エキスパンション!』
 私が底上げしてやっても効果が無いなんて 笑わせてくれるねぇ
 どうする 隊長さん?
   (↑ 形状はボクシンググローブ エネルギーを吸い取ったり与えたり系)

バラライカ:
 とっとと倒す! 時間との勝負だ
 『ホワイトナイトメア チェックメイト!』 お前も犬っころを手伝ってやれ

ホワイトナイトメア:
 にゃーん (←ウソです ライオンです)




ラムジュレップ:
 ねぇ 何か デビルの様子がおかしいんだけど。
 対処しないと 笑えない事態になるんじゃないかい?

八海山:
 え? 何アレ? 爆発する? みんな 伏せて!

サンドリヨン:
 『コールドフラッシュ!』 (←デビルの時間を止めようとした)

ラムジュレップ:
 『マグナムストライク!』 (←サンドリヨンの威力底上げの為)
 …ふむ やるねぇ 私の裏をかくとは 笑わせるね

⇒ デビルイブ 黒い霧状になって拡散

アディントン:
 『シルバースフィンクス インヴォケーション!』
 …よぉし 捕まえた! コレで封印できっだろ ガハハハハ!
   (↑ 形状はガラス瓶 霧をその中に吸い込んだ)

ジン:
 ナイス! 父さん! …うげっ! ぐはっ!

⇒ ガラス瓶ごと爆発 大量のリンゴが飛び出す

バラライカ:
 ちょっ… 何だコリャ!? お前ら 絶対食うな!

ラムジュレップ:
 …この状況じゃあ 笑えないねぇ。
 戦闘空間を解除して このリンゴだけをスケールに閉じ込めてみたら?
 出来そうかい カンパリ氏?

吉乃川:
 お頭、カンパリ様、俺とサンドリヨンさんでフォローします!

ラムジュレップ:
 笑わせてくれるねぇ 部下にセリフ取られちゃってるよ。

カンパリ:
 やりましょう。
 『ブロークン! ゴーストキャンバス!』 (←解除して再展開)

吉乃川:
 『天女の薄絹!』 (←全員を守ろうとした)

サンドリヨン:
 『コールドフラッシュ!』 (←りんごの動きを止めようとした)




フーガ:
 …取り敢えず 成功だな みんな 無事か?

越の誉:
 違うんだな! 凄い、僕達、大失敗してる…
 あのリンゴが、ダイキリ君、だったんだな
 この、紙の中に、ダイキリ君、居た筈、なのに… 居ないんだなっ!!

八海山:
 バカ誉! 貴方 何やってるのよ!!!

トムアンジェリー:
 ダイちゃん… どこぉ? ダイちゃぁぁぁぁぁん!!!

■ 個人的な感想 ■
戦闘シーンって 書くのが難しい(←泣)。
そして 雑渡昆奈門さんが歌う タソガレドキ忍軍の歌を流していたら
何故かラムジュレップさんに頑張って欲しくなりました(←笑)。
頑張らない人ですけど。


wrote : 20130308fri.
exhibit : 2013 05 17 fri.

関連記事

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

⑨ モンチョゴメリーズ 第183話-B。

この記事は『NicottoTown』ブログを 再編集したものです。



ピナコラーダ・ハングドマン
Aパートが 凄く分かり難い文章になってしまったので その解説を含めて。
モスコミュール先生の幻術で強制的に眠らされたダイキリ君の
夢の中に現れた“俺を抱き締めてくれた2人目の人”こと ピナコラーダです。
あくまで ダイキリ君の悪夢に登場した 幻覚の悪役設定で。


「先生、お願いなんだな、このまま、血が、止まらないと、ダイキリ君、死んじゃ、う!」
「諦めるな! 俺達の教え子は 強くて逞しい子なんだ!」
「ですから こんな幼児に託すなんて 間違っていると申し上げ…」
「俺達の可愛い息子に お前 ケチ付ける気か? 表ェ出ろ!」
「この子は 私達全員の希望です!」
「そうだぜ、この子は ビア様から託された 俺達の 唯一の未来への希望なんだ!」
「私の血を使って  この子と私 血液型 一緒だから」
「俺 AB型なんスけど 使えるなら自分の血も…」
「ダイキリ君、は、O型なんだな 僕、B型、だけど、ダイキリ君にあげr…」
「バカ誉!! なんで貴方はいつも いっつも 肝心な時に役に立たないのよ!!!」
「礼拝の時間だ お前達 どうする?」
「ラムジュレップ! いい加減 空気読め!!!」

「ねー、コレ 何ぃ~?」
「トムアン、お前も黙って… って ちょ… 何コレ?」
「いかん! それをダイキリに近付けるな! 口を塞ぐのじゃ!!」




あたしが気付くのが遅かったから だから ダイちゃんは飲み込んじゃった。
“6”のカードの半分、“6:恋人”の 黒い片割れを ダイちゃんは飲み込んじゃった。

違う あたし悪くない。
ダイちゃんが にっこり笑って 手でお水を掬うみたくして 愛おしそうに飲んだの、
持ち主が居なかった ラバーズの黒い半身を! ダイちゃんが飲んだの!

そうしたら あたしの中から ラバーズチョコレートの片方が居なくなったの。
あたし今迄 2人で扱わなきゃいけないジャスティスを あたし1人で扱ってたの。
あたしに使いこなせなかった ラバーズのイブを ダイちゃんが飲んじゃった!




ダイちゃんが猛勉強してたのは 士官学校に行って
2つの能力と2つのジャスティスを 同時に使える様になる為なんだって。
モスコ先生が 言ってたの。
今 ピナコとビア様が居ないから どちらか片方は目覚めさせないと
世界のバランス?が ちゃんとしないんだって 先生が言ってたの。
ダイちゃんはビア様の親友だから ビア様の魂はイエローチャリオットの中だから
先生が言ってたの、ダイちゃんしか 今の世界を救えないんだって。

それが こんなサイアクな形で…。




「トムアン、状況を整理するわよ。
 ラバーズの正位置と逆位置 それぞれの意味を教えて?」
「ふぇ えぇと えっとね、
 正位置は 恋愛 愛情 没頭 浮気 絆 選択 試練の克服 正しい判断。
 逆位置は 誘惑 不道徳 失恋 空虚 破綻 消極的 成り行き任せ 選び間違い!」
「イブを飲み込んだのであれば 逆位置だわ!
 何なのよ カンパリ様! 貴方の所為で ダイキリを助けられないかもしれない!
 どうして 何もかもが 全部裏目に出るのよ!!!」

「八海山、あたし 頑張るから… 斬り込み隊長の貴女は 気丈で居て?」
「祈りなさい、彼の強さとやらを 信じるのです!」
「カミカゼ様ぁ、今、の、ダイキリ君、は… 強く、ないん、だなぁ…」
「誉が申しました通りでございます カミカゼ殿。
 私の不徳で 今 彼の精神状態は 稚児の頃に戻ったままでございます。」




あぁ どうしよう もう遅い。
イブの卵が 孵る…。



wrote : 2013 03 07 thu.
exhibit : 2013 05 17 fri.

関連記事

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

⑨ モンチョゴメリーズ 第183話-A。

この記事は『NicottoTown』ブログを 再編集したものです。



フーガ・ワールド
レジスタンスとしてのフーガは難しいので
教科書の内容が理解出来なかった脳みそ筋肉なフーガ先生を。
こんなに華奢じゃないんですけどね(←苦笑)。
ブラックサンシャインは シェパード的な犬なので あるなら欲しいです。


背中がキモチイイ。
俺の中で暴れていた 黒くて汚い物 全部が出て行く様な そんなキモチイイ。
頭はちっとも働かないけど 身体が軽くてキモチイイ。
俺 どんだけ穢れてたんだろう 取り上げられるのはキモチイイ
あー やべぇ 言い回しがビア臭くなって来た それも何かキモチイイ…。


嫌な奴を殴るより 殴られる方がキモチイイ 今 思い出した。
知らないオッサン連中は 最初は恐かったけど 慣れればそれなりにキモチイイ。
俺の身体を撫で回す知らない手はキモチイイ。
最初は吐く程気持ち悪かったけど 俺の身体が俺の意思でコントロール出来なくなって
そんで 勝手に出る声を聞いて 醜く笑うあの知らない目も キモチイイ。
俺の身体が俺の物でない瞬間は キモチイイ。

だって 生きている感じがするから
俺の意思で心臓は動かせない 爪も伸びない 涙も出ない。
俺の身体を生かす為に 勝手に生きて 勝手に動いている 俺の身体の一部たち。
普段 俺の意思で動いている部分が 俺の命令を聞かなくなる その瞬間に
俺が生きている事を教えてくれる だから それが 堪らなくキモチイイ。




恐いのは もうイヤだ。
殴られるのも 身体を奪われるのも、そういう痛さは 全然平気。
痛いって事は 生きてるって事だから。
でも 恐いのだけは 11歳になっても まだ克服出来てない。
…俺は何を恐がっている? そのモノが何なのかが分からない。

最近 恐かった事って いつだ?
心臓がギュッとなって 痛くて そのまま止まっちまいそうな気分になったのは いつだ?
フーガが 「よく頑張ったな」っつって 頭を撫でてくれた その後。
その手が俺の頭から離れて行く時に すげー恐くなった それが最後な気がして
勉強とかの終わりに 「今日はここまで」って言われるのも 何か恐い、
その言葉の後で「また次回」って言って貰えなかったら 俺 死ぬ 絶対死ねる。
夜中に目が覚めて 先生が俺の手を握ってくれて でも 朝には先生はもう居なくて
食堂とか どっかに行ってて それも恐い。

俺がココに居るって 自分で確かめられなくなるのが 恐い。
俺がココに居て良いって 誰も教えてくれない状況が 恐い。
俺から離れて行く手が恐い。
俺が 誰からも 要らなくなるのが 恐い。

ココは、このキモチイイココは 何処だ?




コレは 誰だ?
俺が知ってた奴だよな? 思い出せない。
「人から奪った幸せを使って 君は本当に幸せなの?」って 言った人だ。
ああ 少し思い出した、俺が可哀相だと言って 俺の為に泣いてくれた人だ。
初めて… いや 違う、俺を抱きしめてくれた2人目の人だ。
“俺を抱きしめてくれた1人目の人”が 好きな人だ じゃあ この腕は俺のものじゃない。
どっか 行っちまえ、お前を好きなアイツの所にな。
でも 恐いのはもうイヤだ、その腕の中にずっと居させて欲しい

俺の身体の全てに触って 俺が生きている事を教えてくれ。
今 俺がココに居る事を 俺に教えてくれ。
そのうち 自分の意思で身体を動かせなくなる それがキモチイイんだ。

苦くない 痛くない 何だかとっても甘い… 何だ コレ?
おかしい この唇も 俺のものじゃなかった筈だが。
“俺を抱きしめてくれた1人目の人”は 何処へ行ったんだ?
この腕は この唇は お前のものだった筈だろうに 置いてけぼりとか 酷ぇじゃねーか。

口の中に入って来た さっき飲み込んだ コレは 何だ?
キモチイイのに 恐いのは何が原因だ? 誰か 教えてくれ!




この唇… この髪… !!!
アンタは… ピ ナ コ ラ ー ダ ?



wrote : 2013 03 07 thu.
exhibit : 2013 05 17 fri.

関連記事

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

⑧ モンチョゴメリーズ 第182話。

この記事は『NicottoTown』ブログを 再編集したものです。



ピナコラーダ・ハングドマン
ビア様とピナコラーダの初見は お城でのパーティーでした。
なので ビア様は ピナコの聖職者としての顔は 戦争を起こす直前まで
知らなかったのでした。
緑のロングドレスを持っていないので 再現度がイマイチですが…。


ダイキリは 強い子だ わたしは ずっと そう思っていた。
東の国では 散々苛めや虐待を受けていたらしいが ストイックな目をしていた。
ケンカで腕っ節を磨いて 精神的にも 肉体的にも鍛えられていたのだと…。

ピナコとの戦いは 戦果だけを見れば ダイキリの圧勝だった。
毒と鎖を扱うピナコのレッドレイと バズーカのダイキリ、
武器の相性で見ても ピナコに勝ち目は全く無かった。
だから ピナコは ブライトアーチャーに倒れた ダイキリは勝った。
しかし実際は ピナコは 精神戦を仕掛け 圧勝していた。
だからこそ ピナコを倒した後 ダイキリは わたし達反乱軍に寝返ったのだ。

  自分は要らない子供
  だから 苛められ 蔑まれ 誇りを奪われても 仕方が無い
  自分の身を受け入れてくれている人達に 迷惑を掛けてはいけない
  自分が生きていること そのものが 悪い事

そう教えられて育った子供が あれだけストイックで 強い目をしていた。
そのストイックさと強い目こそが フェイクであると見抜いたのが ピナコだった。
ダイキリの心は 誰より繊細で傷付き易く 脆い。
わたしは そんな事にも気付けない ダメダメ師匠だった。




…。
あぁ いつものツッコミが入らない やはり 本当にダイキリは倒れたのだ。
背中の傷を舐められて 虐待の記憶を抉じ開けられ そのショックが
背中の生傷から 血を噴き出させた… 倒れて当然であろろう。
と モスコミュール先生が仰っていた わたしは頭脳労働は得意でない
先生曰く 施術で強制的に眠らせたが 出血は止まらないらしい。
さしずめ 血の涙とでも形容すべきだろうか…。

ダイキリ、お前が東の国で流せなかった涙を 今 全て吐き出してしまえ!
お前には わたしが付いてる 先生もいる ジンも最前線トリオも みんな居る。
誰もお前を 独りになんか 絶対しないからな!
帰って来い 戻って来い わたし達のケルベロス ダイキリ・チャリオット!




しかし バカなわたしだからこそ 今更 気付いてしまった。
殿下がダイキリに惹かれ 常に傍に置いておきたかった理由が。
かの暴君 唯一にして最大の願いが。

  お前は“主人公”が現れたら 必ず逃げずに戦わなければならない
  お前は絶対に“主人公”より高い戦闘能力を持ち 翻弄しなければならない
  そして お前は最後に“主人公”の刃に貫かれ 絶命せねばならない
  なぜなら お前はラスボス、それが フィロントタロンの血のさだめ

そう、ダイキリと殿下は 同質の心の弱さを抱えていたのだ。
ダイキリなら 殿下の苦しみを理解し得る可能性があった。
ダイキリにしか 殿下の悲しみを分かち合って 友達になれる可能性が無かった。
わたしでは毛頭無理だし ご学友でも難しかろう。
殿下の周りの大人達では 殿下が隠し通した弱さには まず 気付けまい。

「お願いだから ダイキリ君、君だけは 絶対に僕を裏切らないでね。」

あの言葉は 無二の魂の双子にキスと抱擁をねだる行為だった という訳か。
ピナコラーダ・ハングドマン、貴女は 恐ろしい人だ…。
そして どこまでも どの道を選んでも ダイキリが可哀想だ。

…いかん、殿下の言葉遣いが移ってしまった様だ(←恥)。
キスだの 抱擁だの 番うだの どこでそんな言葉を覚えたのだろう(←恥々)。
独身童貞男の耳には 刺激が強過ぎる単語を よくもまぁ ペラペラと(←恥困焦悶…)。
せっかく殿下が平和をくださったのだから わたしも 幸せになりたい…。




正直 わたしは今でも 殿下が怖い。
殿下がわたしに告げた あの言葉を 未だに夢に見て 思い出してしまう。

「フーガ・コアントロー・クスドロフスカ、君のその鼻息に敬意を称し
 君が欲しい情報を 1つ 代金後払いで与えてあげよう。
 君の故郷 ヒンウィルに攻撃を仕掛けろって ダイキリ君に指示したのは 僕だよ。」
「君の憎き仇の首は、ココ だよ。」
「どうしたの? 僕を殺しに来ても良いんだよ その為に教えてあげたんだから。」
「それとも もっと強くなって 僕を楽しませに来てくれるのかなぁ…
 だとしたら 僕 すっごく嬉しいなぁ。」
「じゃあ 君の為に 最高のプチフールを用意しておくから 天気の良い日においで。
 アフタヌーンティは 君の その 怒りと憎しみで滾った血を頂くからね。」

わたしを“主人公”にする為に紡がれた 戦争を彩る 旋律。
殿下の言葉は 恐ろしかった。
蔑みと慈しみ 悲しみと喜び 冷酷さと優しさ そんな 相反する2つ同士を
いくつも湛えた様な 殿下のあの目が 本当に 恐ろしかった。




それでも。
今のわたしにとって いちばんの優先事項は 可愛い教え子の事だ。
怖い思いをさせたカンパリを 簡単に許してしまった。
「あの人がビアを崇拝してたの みんな知ってるだろうが!」
そんな言葉が飛び出す程の優しさと強さも お前は持っていたんだな。
日中は 普段通りを演じていたが 背中の出血は 止まらなかった。
精一杯の痩せ我慢を ダイキリは していた 根性も大したものだと思う。

でも 消灯時間を少し過ぎた頃 ダイキリは 闇に負けた。
わたしには分からない東の国の言葉を 泣きながら 怯えながら 叫んでいた。
ダイキリの部屋は いちめんの緋色だった…。
背中から 赤い羽根が生えているかの様にも見えた。
モスコミュール先生の施術で 今は強制的に眠らせているが それでも
ダイキリの背中の 緋色の羽は 今も蠢いている。

なぁ ダイキリ、肝心な時に役立たずな師匠で 本当にゴメンな。
今度 メシでも何でも 腹いっぱい奢ってやるから、
お前が望む事 何でも遣ってやるから、だから、 …死ぬな 死なないでくれ。



wrote : 2013 03 07 thu.
exhibit : 2013 05 17 fri.

関連記事

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

⑦ モンチョゴメリーズ 間話。

この記事は『NicottoTown』ブログを 再編集したものです。



トムアンジェリー・ラバーズ
今 このタイミングでは出番の無い トムアンジェリー・ラバーズのつもりです。
この二次創作小説の 本当に終盤にならないと 登場しません。
トムアンのジャスティス ラバーズチョコレートは ニコタのアバでは無理です。
“6:恋人”なので 固体としては2つです。
ハンマーを持った巨人と 赤い果実を持った妖精… そんなの 持ってません。
名前は『トムとジェリー』という名前の 温かいカクテルからだそうです。


越の誉:
 カンパリ様、ああいうの 絶対、よくないんだなっ!
 いくら、ビア様、が、大好きでも、許される、事、じゃ、ないんだなっ!
 あんな、子供相手に、欲情、するなんて 全然ちっとも、カンパリ様、らしくないん、だなっ!
 当面、ダイキリ、くん、の、お勉強は、マティニさん、がして、くれるんだ、なっ

ダイキリ:
 あのさぁ 誉…
 アンタ 自分が31歳って設定 忘れてないか?
 “21歳の八海山に守られる頼りないダンナだけど 実戦では暴君”ってキャラを
 この調子で どこで発揮するつもりなんだ?
 まぁ アンタのモデルは『忍たま乱太郎』でいちばんカワイイ時友四郎兵衛だけどよぉ…

越の誉:
 確かに、しろ先輩は、ダイキリ君と、同い年、だ、けど、
 僕より ダイキリ君より、カワイイと思うよ




フーガ:
 バカか お前は!
 いや、バカは俺だった スマン!
 怪我の事もあるから 5日は休みだ 宿題もなし!
 どっか 遊びに行くか? とことん付き合うぞ?

ダイキリ:
 戦艦の掃除は昨日終わったけど… 自主ナントカやらしてくれよ
 身体も頭も 鈍ると辛ぇんだよ

越の誉:
 ふぇええ! フーガさんの、宿題っ、て、戦艦の、お掃除だったぁでぇすか!?
 ねぇ ダイキリ君、何日、で、何隻だった、の?

ダイキリ:
 5日で3隻 つっても 外側だけだけどな

越の誉:
 僕達、体育委員会 前線組の、3人、掛かりでも、1隻に、3日は掛かる、んだな…
 子供、1人で、5日でって、5日、ずっと、徹夜しても、絶対無理だよぉ

ダイキリ:
 あー 悪い 手洗いでなくって 洗浄車を使いこなす宿題だったんだ。
 そんでも 5日のうち 4日は徹夜だったけどな

越の誉:
 ぁええええええ! 子供に、洗浄車、使わせ、たん、でぇすかぁあ?
 フーガさぁん、それ、絶対、スパルタ、過ぎますよぉぉ(←泣)
 って事は、ダイキリ君、キミ、作業車輌免許、持ってるのぉ?
 僕、オートバランサー付き小型車輌しか、運転、出来ないんだ、なぁ…

フーガ:
 え? 誉、お前 洗浄車も使えないのか?
 っていうか オートマ車輌限定?

越の誉:
 ぎぃっくーぅ! …あー えぇとーぉ
 ボ―――――ケ――――――――――――――…

ダイキリ:
 …おぉ あくまで体育委員会ネタで誤魔化し切ったかw




カンパリ:
 …それで 何故 私の事情聴取が 貴方なのですか?

???:
 本当に出番が無いから。

カンパリ:
 然様でございますか それは まことにご愁傷様でございました。

???:
 それで いきなり本題なんだけど
 君 ショタコン? ビア様もダイちゃんも まだ乳臭いガキじゃんよ?

カンパリ:
 ダイキリ様を乳臭いガキと仰るのに 依存はございません。
 しかし 我が君までもあやつと同類と仰せとあらば 許しは致しませぬぞ?

???:
 …君さぁ いつまであのお子ちゃまに夢見てんの?
 子供はいつか 立派…かもしれない…大人になる… かもしれないんだぞ?

カンパリ:
 若い娘さんのスカートの中にしか興味をお持ちでない貴方に
 私のビア様を 侮辱的に語られたくはありませんな!

???:
 トムアンちゃんのスカートの中には 愛と希望が詰まってるんだぜぇ~?
 チチ マナイタだけどな! だはははは!

カンパリ:
 トムアンジェリー嬢と貴方の紹介をする為の出番でございますね、
 本当に ご愁傷様です。
 …ジン、早く交代して差し上げなさい!

ジン:
 …貴方には敵わないや、あっぱれ カンパリ★彡
 ついでに 私の出番もコレでおしまいなんだよね 慰めて カンパリぃ~

アディントン:
 はいはい あふんあふん♪
 あー でも ジンちゃんのフトモモって 鍛えて絞まってるから ちょっとなー

ジン:
 お父さんに慰められたら 私 色んな意味で終わっちゃうよ

カンパリ:
 お父様、お戯れは程々に。

アディントン:
 スマン ツッコミ所が多過ぎて 俺には無理。
 ジンちゃんは 確かに俺の実の娘だけど 俺はお前の親父じゃないし
 お前にはいいチチした嫁さんと 俺的にどうでも良いムチュコタンが居るじゃん?
 ジンちゃんをお前なんかに遣る気も無いわ!

ジン:
 あーあー 話が進まなーい(←泣)。
 ちなみに 私とカンパリは 仕官学校時代の教師・教え子の関係です。

カンパリ:
 …ジン、そろそろ お父様を片付けて。




カンパリの元に アディントン&ジン父娘を送ったのは 吉乃川のアイデア。
今迄通りの和やかな雰囲気を作っておけば ダイキリの精神的回復に
時間を割かずに済む可能性に期待しての判断だった。

アディントン・テンペレンス… 14:節制の逆位置キャラ 酔っ払いのエロオヤジ
ジン・マジシャン… 1:魔術師 女言葉だけど男 父に振り回されている




ジン:
 …で ココからが本題なんだけど

カンパリ:
 どうぞ 何でもお答え致しましょう

ジン:
 アナタ ビア様とはどこまでヤったの?

カンパリ:
 鞭でお叱りを頂いたり サンドバック役を仰せ付かったり 枕元で朝まで
 正座を言い渡されたり お口に合わない物を頂戴したり …

ジン:
 どこまでもサンドバック扱いだったのは ちゃんと自覚してるのね

カンパリ:
 いいえ 違いますよ。
 私が何がしかの粗相をした時に お仕置きを頂戴していたのであって…

ジン:
 完璧超人のアナタが 何を粗相するのよ?

カンパリ:
 …ご気分を害したり だと …思いたい。

ジン:
 …アナタ ショタのマゾ? 変体紳士気取り?




カンパリは 執事キャラのサンドバックです。
基本的に ビア様を怒らせて いたぶられて それで出番終了です(←苦笑)。



wrote : 2013 03 07 thu.
exhibit : 2013 05 17 fri.

関連記事

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

⑥ モンチョゴメリーズ 第181話。

この記事は『NicottoTown』ブログを 再編集したものです。



ダイキリ・チャリオット
ダイキリ君 普段着バージョンのつもりですが 9歳に見えません。
ビア様に甘えられて 毎日 日本茶を淹れているらしいので
ティーポットを持たせてみましたが… 急須が欲しい気分です。


ご機嫌宜しゅうございます、ワタクシ カンパリ・ロッキーロード・フィットンと申します。
私の能力は“2:女教皇”ですが 私は男性です 妻も子もございます。
タロットの性別と マスターの性別が異なる場合 逆位置として扱われます。
「迷いし者に真の言葉を 奢る者には正しき道を カンパリ・ハイプリエスター」、
ビア様が私にお授け賜うた口上は 正位置的な物、つまり 私の表の顔。
真の顔は 我が主 ビア様だけがご存知であらせられるのです。

私のジャスティスは 真理が記された教典 モノクロームコーデーシュ、
戦闘空間を作り出したり テレポートをしたり 空間を操る能力を有しております。
皆様の時代の言葉で申しますと“灰色の聖櫃(←せいひつ)”となります。
十戒が記されたモーセの石版を納めた箱を 契約の箱 または聖櫃と申しまして
私は逆位置ですから 石版でなく 聖櫃の方の能力を擁してございます。

ビア様がご健在でいらした頃 私は ビア様のSP部隊の長を務めておりました。
今は ビア様のご遺志を引き継がれたダイキリ様をサポートする任に就き
来年の士官学校中等部への編入の為 理数系の座学を指導しております。
技術的な事は脳ミソ筋肉男ことフーガ・ワールドが。
文系はガリアーノ・ヒエロファントが 音楽や絵画はテキーラ・ムーンが。
そして 作法や礼法や帝王学は 吉乃側・越の誉・八海山の近接戦トリオが。
ビア様のご遺志を引き継がれるなど あの東洋の小童には
到底無理でございましょう ビア様とは才能のレベルが違うのですから。
それでも ビア様は 私の全てです。
無理と知りつつも無体を強いる私共は 過ちを犯しては居りますまい。



先刻 特技が首から下に集中したフーガから 2つの情報が入りました。
1つは「ダイキリ様の睡眠時間を考慮した課題を課せ」との忠告。
教育係全員で調べた所 無体を課していたのは 脳ミソグラム50円の
フーガ・ワールド ただ1人であると判明致しました。
もう1つの情報に 私の理性が吹き飛び 忠誠心が暴走するに至りました。
ダイキリ様の背中に ビア様がお標になった爪痕がある と。



ビア様は 私が御身に触れる事を 許しては下さいませんでした。
私がビア様から賜ったのは 私の表の口上だけ、つまり“真実の私”には
何も授けては下さいませんでした。
表の私の粗相を咎める為に お顔を歪ませて 鞭を振るって下さった ビア様。
その嗜虐的なお顔でさえ 私だけに与えられたものだと思っていたのに。
それなのに 何故 東の国の飯屋のガキには こんなにもお与えになるのか!
こんな卑しい者より 私めは劣っていると仰せであらせられるのでしょうか。

ビア様 私の暴君は 唯一にして絶対、“暴君のケルベロス”など 要らない…。



ダイキリ様を組み敷き お召し物を裂き ビア様の聖痕を拝謁し。
右に4本 左に3本 ビア様のご遺志か刻まれた背中に 私は触れました。
初めて触れるビア様に興奮し それでも 優しく 丁寧に 指先でビア様を感じました。
そして 手だけでは足りず ビア様の聖痕に舌を這わせて。
涙が出る程嬉しかったのは ほんの刹那の出来事でございました。

ビア様の聖痕から血が噴き出し 私の薄紫のマントを 緋色に染めて下さいました。
嬉しさに打ち震えたのは 一瞬…
次の瞬間には ダイキリ様の身体が痙攣し あられもない嬌声を上げられたのでした。
肩で息をし 全身を震わせ 涙を零し 東の国の言葉で謝罪を繰り返す…。
私は 事情聴取も無しに 地価牢に送られたのでした。



ゴメンナサイ イイコニナルカラ チャントスルカラ オネガイ ユルシテ
コンドハシッパイシナイカラ オカアサンニハイワナイデ スミマセン
オネガイ モウヤメテ イウコトキクカラ ゴメンナサイ モウヤメテ …

私とした事が すっかり忘れておりました、ダイキリ様が生まれ育った環境を。
古い言葉で申し上げるならば ダイキリ様は“稚児(←ちご)”。
要らない子供だったダイキリ様は 虐待や暴力の類は 一通りご経験済みで
あらせられる事を 失念しておりました。
ですから ダイキリ様をフィロントタロンにお招きする際 誘拐めいた手法を
取りましたが 親族の方の反対意見は 皆無でした。
東の国の政府とテンノウが 拉致事件として抗議声明を出した程度でございました。
その後 ダイキリ様が亡命なされたという形で 事態は収束を迎えましたが。

私は 地下牢の中で ダイキリ様の血を洗い流しました。
我が主 ビア様は あの様な浅ましい声を上げるお方ではございません。
ビア様のご遺志が あの聖痕をお授け賜ったとしても あの血は ダイキリ様の血。
私のビア様は 美しく 聡明で 100万本のバラより麗しいお方でございます。
卑しい者に穢され 汚れきった東洋のガキの血で このマントを汚してはいけない…。



しかし 私は すぐに保釈されました、ダイキリ様のご進言で。
「あの人がビアを崇拝してたの みんな知ってるだろうが!」
「俺の背中に傷があるって知ったら ああなって当然じゃねぇか!」
「嫌な事を思い出す度に あんな風に血が出んだよ! ちっとも有事じゃねぇ!」

ダイキリ様、貴方様の仰る事は 殆ど的を射てはおりませぬ。
私は ビア様を崇拝など致しておりませんでした。
ビア様が私めを お傍にお招き下さいましたから 忠誠を誓ったのでございます。
崇拝と忠誠は 似ても似付かぬもの、私が抱いた感情は 後者でした。
そのご期待に応える為に 私は精進して参ったのです。
やはり 我が主は ビア様 唯お1人 私の全ては ビア様の為に在るのです。
鞭で打たれても 鞭で打たれても 鞭で打たれても、それが 私の生きる喜び。
あぁ 我が君…。



wrote : 2013 03 07 thu.
exhibit : 2013 05 17 fri.

関連記事

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

⑤ モンチョゴメリーズ 第180話。

この記事は『NicottoTown』ブログを 再編集したものです。



ダイキリ・チャリオット
ダイキリ君に 和傘を持たせたら 夜桜の背景を合わせたくなりました。
このお話に登場する東洋人は ダイキリ君1人だけ という設定ですが
東洋が日本を指すなら やはり 桜が良いですね。
『マジカル学園の望遠鏡』が ダイキリ君のジャスティス ブライトアーチャーの
つもりなのですが 実際は 肩に担ぐ巨大なバズーカ砲です。
普段着は タンクトップと短パンとか 9歳児らしい感じですけれど(←苦笑)。


『モンチョゴメリーズ』は わたし達 近衛部隊長22名で結成される
ジャスティスマスター部隊の正式名称である。
場合によっては 組織でなく わたし達そのものを指す事もあるのだが。
貴方方が生きる世界の 最低でも100万年後が舞台である この世界は
地形も 文化も 貴方方のそれとは 大きく異なる。
貴方方の世界は 大陸が細かく分断された状態にあるが
わたし達が生きる時代は 何度目かの超大陸が形成されている時代である。
陸地の60%が不毛な砂漠地帯で 海流が無いので魚も居ない。
しかし 人類の技術力で この不毛な地球でも 人間は生きる術を持っている。
この物語の挿絵が 貴方方とそう変わり無い姿で描かれているのは
挿絵担当者の画力の低さに起因する。

わたしは ビア・フールが起こした戦争を終わらせた者である。
民衆は ジャスティスの事も わたしのジャスティス ブラックサンシャインが
ビア・フールにとどめを刺した事も 知らない 病死となっている。
犬の姿をしたブラックサンシャインのひたいに あの様な角が在ったと
マスターであるわたしですら 知らなかった。
わたし達は ジャスティスの手駒として 操り人形として 殺戮の舞台を
築かされたに過ぎなかったのだ と 最近になって 知らされたのだった。

わたしの故郷を襲い 母と妹の命を奪ったビア・フールに 私は 反逆した。
直接 わたしの故郷を攻撃したのは ダイキリ たった1人だった訳だが。
わたしは 怒りに任せて 無謀な戦いを挑んだ。
わたしに賛同し 一緒に戦ってくれた仲間も居た。
ビア・フールへの怒りや恨みは 今は もう無いと思いたい。
わたし達を戦争に駆り立てた 神の意思、ジャスティスの存在が ただただ憎い。
ラスボスとして殺される為に生まれて来た ビア・フールという少年が 哀れでならない。
主人公として 彼を倒さなければならなかった わたしの運命を呪いたい。

ビア・フール、立場上 わたしは今でも「殿下」とお呼びしている。
殿下亡き今 ジャスティスの呪いの真実を知った今 わたし達モンチョゴメリーズは
それでも 彼の残したものや 彼が愛したものを 守る職に就いている…。



「ぶはははははは!
 アンタ… 「わたし」とか 似合わねーよ! てか 鏡見て喋れや!
 それとも 「今のは回想です」で 済ませるつもりだったのか? はははは…」
「うるっさいな! 一応俺も いい歳の大人なんだぜ?
 いつまでも 頭より先に体が動くキャラで居られねぇんだよ まったくよぉ…」
最近 ダイキリも 年相応の笑顔を見せる様になった。
戦争の直後は 士官学校に進学し 殿下の遺志を受け継ぐと息巻いていたが
この子も まだ11歳の子供、そんなにメンタルが強いとは思えない。
お前は 少しずつ大人になれば良い、そう思っているのは わたしだけだろうか…。

※ フーガ・ワールド 原作中では31歳 恋人居ない暦=年齢 もちろん童貞
このお話は最終回の1年後が舞台なので 33歳になりますが もちろん童貞です。


フィロントタロンの宮殿には 殿下の我侭ご希望で作られた 独特な浴室がある。
ダイキリの故郷の 東洋式の浴室である。
殿下がどれほどダイキリに心酔していたのかは わたしには分からない。
しかし 殿下がダイキリの為にあつらえた数々は 今でも健在である。

今朝は いつもと少し違っていた。
わたしは 夕食前でなく 起床後 朝食の前に浴室に向かうのだが
今朝は珍しく 先客が居たのだった。

「アレ? 珍しく早起きだな」
「違ぇっつーの アンタが出した分の宿題が! さっき! やっと終わったんだよ…」
「…徹夜したのか?」
「士官学校に行く為だ、この程度の苦労 苦労じゃねぇぜ」
「悪かったな 俺 そういう無茶をさせる為に厳しくしてるんじゃないんだ。
 今度からは 本当に無理だったら 宿題サボっても良いから…」
「ふざけんな! ビアは遣ってのけたんだろ? それも 5~6歳の頃によ。
 俺が未熟なくせに高望みしてるんだ、こんなの 無茶じゃねぇよ」
「健康管理も仕事のうち、だぜ? お前 いつか倒れるぞ」
「…悪かったな じゃあ せめて徹夜しないで済む量の宿題にしてくれや」

そう言い残し 湯舟から出ようとして立ち上がったダイキリは やはり 倒れた。
のぼせたのか 体力の限界か どちらにせよ わたしが無理をさせたのが悪かったのだ。
士官学校の中等部に編入する為 9年分の勉強を 2年で履修させるなど
やはり この子には難しかったのかもしれない。

ダイキリの介抱をしていて 彼の体に 妙なものを見付けてしまった。
わたしは 戸惑ってしまった。
「最近の子供は早熟だ」とでも 思えば良いのだろうか…。
背中に 肩甲骨の下に 爪で引っ掻いた様な傷が在ったのだから。
ダイキリは11歳、正直 女を抱く様子なんて キャラ的にも想像出来ない。
しかも この傷 付けられてから日が浅い 半日も経っていないだろう。
宿題で煮詰まって息抜きに逢引き…? そもそも 相手に思い当たる者が居ない。
お前は そんなに焦って大人にならなくて良いのに。



しかし 真実は もっと残酷だった。

今日の訓練は 剣術。
士官学校に編入する為に 今 猛勉強中のダイキリに 技術的な事を教えているのが
わたしである(←座学はわたしには無理です 教科書の内容が理解出来ませんでした!)
あくまで 着替えを手伝う際に気付いたフリをして、そういう作戦で 聞き出した。
「うそ マジで? ビアが付けた傷 まだ残ってんの?」 だそうだ。
ダイキリの背中の傷は ある種の呪いである と 私は結論付けた…。

宮殿に東洋式の浴場が出来てすぐの頃 殿下とダイキリが 連れ立って
この浴場を利用した時らしい。
その時 殿下は ダイキリに抱き付いて“いつものあの言葉”を 発したらしい。
殿下が“あの言葉”を発した 初めての時だった と…。

「お願いだから ダイキリ君、君だけは 絶対に僕を裏切らないでね。」

あの甘えた様な 恋人にキスをねだる様な殿下の顔が わたしの脳裏を過った。
その刹那 あの背筋が凍る様な恐怖を わたしの身体が思い出していた。

ダイキリが嘘を吐いていないとすれば 5年以上 この生傷を背負っている事になる。
かの暴君は この幼児を どこまで苦しめる気でおられるのだろう…。
わたしは 殿下の愚行の全てを赦し ジャスティスを憎むと決めた筈なのに
今 間違い無く わたしは殿下に怒りの感情を抱いている。

しかし 当のダイキリは 冷静だった。
イエローチャリオットに魂を食われ 肉体を失った殿下は
今 イエローチャリオットの中で 魂だけは生きている と ダイキリは言った。
人間の魂を宿して 最低でも100万年は存在し続けている 22の兵器 ジャスティス。
わたしは 何を憎めば良いのか また 分からなくなった。
可愛い教え子の為に わたしは 何をしてやれば良いのか 答えは出せなかった。

ただ 1つだけ言えるのは。
ダイキリが 強い子で良かった と。



wrote : 2013 03 06 wed.
exhibit : 2013 05 17 fri.

関連記事

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

④ モンチョゴメリーズ 第179話。

この記事は『NicottoTown』ブログを 再編集したものです。



八海山
アバター↑は に貼り付けた 越の誉の彼女 八海山です。
“13:死神”の八海山は 鳶の双龍(←とびのそうりゅう)という双剣、
“15:悪魔”の越の誉は 藍大蛇(←あいおろち)という薙刀がジャスティスです。
八海山のモデルが 1年は組の皆本金吾、誉は時友四郎兵衛と来れば
“16:塔”の吉乃川は 紫献(←しこん)という鉄扇で 次屋三之助がモデルです。
不吉なカード3枚は 何故か忍たまの体育委員会下級生だったりします。
暴君(←七松小平太)と 母(←平滝夜叉丸)は モブキャラ扱いでした。


俺は 「いらない子供だったから 身売りされたんだ」と思ってた。
「要る」と言ってくれた奴は 今の所 アイツ1人しか居なかった。

3年前、俺 8歳。
最初は誘拐されたんだと思った。
俺は6人兄弟の末っ子で おかんは俺を生んですぐ死んだらしい。
だから 兄貴や姉貴には 「お前がおかんを殺した」って つまんねぇ虐めも経験した。
だから ぶっちゃけ俺も 要らない子なんだって ずっと思ってた。
誘拐されて 飛行船に押し込められて もう 酔って暴れる気力も無かった。
1か月以上掛けて フィロントタロンに着いた。
そこで 俺はアイツと出会い 俺特製の弓が 金属製のバズーカに変わった。

大木醍貴利 9歳、能力は“7:戦車” ジャスティスはブライトアーチャー。
馳せ参じる孤高の戦車 ダイキリ・チャリオット。
アイツが何日も徹夜して考えてくれたらしいけど ぶっちゃけ 意味分からん…。
ココに居る東洋人は 俺1人だけだから そんで 本名の大木姓を名乗ってるけど
アイツのジャスティスも チャリオットって名前じゃん?
俺 アイツの事 あんまし好きくないんだけど むしろ ウザい。



ココに居る東洋人は俺1人。
人間っつーのは 葉色の違う奴を吊し上げて楽しむ 気持ち悪い生き物だ。
俺は 格好の餌食になった。
もともと そんなに器用じゃねぇし 物覚えもそんなに良くない。
ナイフとフォークでの食事が こんなに大変だとは 思ってもみなかった。

そんな 憐れ(←笑)な俺を助けてくれたのが アイツだった。
「君を助けたかったんじゃないよ 後ろ指を指す連中が目障りだっただけだから」って
棒読みな冷たい目が 笑って俺を映してた。
アイツ 未来の国王だから 大人も子供も関係無く 基本的に 顎でこき使ってやがった。
その清々しい憎たらしさは 何故か 嫌いになれなかった。
ワガママで手前勝手でやりたい放題で それでも 悪い事や汚い事には 容赦無かった。
だから 俺は 腐ってグレたりしなかったんだと思う。



アイツは 酸っぱい物が食べれない。
梅干し食わしたら アイツ どんな顔して怒り出すんだろうな。
いつか 何処かで手に入ったら 試してやろうと思って居たのだが。

どうでも良いが 俺は割と料理が得意だ。
おとんが中華料理屋をやってたから 和食より得意だ。
学校から帰ったら 宿題やって 賄い食って 寝る直前まで店の手伝い、
そんな生活してたら 10分やそこらで作れる料理は 一通り出来た。

あと 俺は 借りを作るのが嫌いだ。
この前 俺を嘲笑ってた奴等を追い払ってくれた礼を兼ねて
アイツの酸っぱい物嫌いを 俺の料理で 少しだけ克服さしてやる事にした。

長葱・にんにく・生姜は微塵切り。
豚肉多目の合挽き肉と一緒に 中華鍋で煽る。
赤い缶の中華スープを適量 豆板醤・甜麺醤・山椒もドバドバ加える。
俺をバカにした奴等も ビアの野郎と並んで 目を丸くして見ている。
そんなに東洋人の料理が珍しいのか 瞬きも忘れて見入るアイツは 以下略。
そして 崩した豆腐を加え 片栗粉でトロミをつける 香り付けに辣油を垂らす。
この程度の料理なら 片目を瞑っていたって 俺なら余裕だぜ。

大方の予想通り ビアの奴 辛さで悶絶しやがったw
ココまで本格的に辛い麻婆豆腐は 俺でも普通には食えねぇけどな(←笑)。
舌が痺れて 喉の奥が焼ける程の辛さには 水を飲むのは逆効果、
アイツの あんな慌てふためいた顔は 今 思い出しても笑えるのだが。
からかい過ぎると カンパリの野郎が騒ぎ立てるから 助け舟を出してやった。

ビアに 生卵かけごはんを食わせて落ち着かせた後
赤い蓋が付いた 黒い液体が入った瓶を 目の前に置いてやった。
「こいつをタップリ掛けて もう1度 食ってみろ」って。
辛過ぎて食えない四川料理でも コレを掛ければ 大抵食える様になる。
この魔法の液体(←笑)は 香酢。
ビアの野郎も ペロッと平らげやがった。
この黒い魔法の液体(←しつけぇ)が 実は酢だと知って ビアの奴
すっげー笑える顔してやがって 俺もついつい 笑っちまった。
あんなに楽しく笑えたのは 俺の人生で 初めての事だったと思う。



ビアの野郎が 俺に 「君は親友だから特別」って いちいち言って来たけど
ぶっちゃけ 俺 そういう扱い方されんのに慣れてなかったから 何も出来なかった。
見返りも何も無しに 俺に笑い掛けて来るアイツが 意味不明で怖かった。
この腐り切った世界で 失った事を後悔する様な事件が起きるなんて
バカな俺の頭では 想像も出来なかった。

それと 俺 アイツに謝れなかった。
アイツのいちばん大切な人が アイツを裏切って見捨てて行きやがった。
ピナコラーダとかいう 水の教会のシスターが。
だから 俺が殺した ブライトアーチャーで 焼き払った。
ビアの野郎が 裏切られた程度の事で あの女を嫌いになりはしない と
いちばん近くに居た俺なら 気付いてやれた筈なのに。

それでも ビアの奴 俺が寝返った事の方にショックを受けてた。
アイツは俺に全てをくれたのに 俺はアイツから どれだけ奪っちまったのか。
もし この世に神様とやらが居やがんなら 今すぐ俺を殺して欲しい。
そんな事を言ったら アイツがどんな顔をするのか この時の俺には 分からなかった。
「所詮 お前も11歳の子供だ」と 笑いたければ 笑いやがれ。



wrote : 2013 03 02 sat.
exhibit : 2013 05 17 fri.

関連記事

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

③ モンチョゴメリーズ 第178話。

この記事は『NicottoTown』ブログを 再編集したものです。



ピナコラーダ・ハングドマン
アバター↑は ビア様の思い人 ピナコラーダのつもりです(←苦笑)。
ビア様は1話で8歳 2話で9歳 ピナコは2話で29歳です。


タイオロー墓地 ビア様のお墓の前にて。

八海山:
 それで贖罪のつもりですか 裏切り者

ダイキリ:
 俺は裏切ったんじゃない、ていうか 本当の意味で逃げた奴に言われたかねぇよ

越の誉:
 あぁ あのー ダメなんだなぁ ビア様の前でぇ、僕達が、争うなんてぇ…
 あと ダイキリ君、年上の人に、そんな言葉遣い、じゃ、いけないんだな…

ダイキリ:
 墓前でラブラブデートとか お前等のがよっぽど不謹慎だぜ?

八海山:
 結婚したんですよ、私達
 君にも お式の案内は送った筈ですが?

越の誉:
 ごめんねぇ、僕の家 ココらへん、の、領主だから、墓守も僕の、仕事、なんだぁなぁ…

ダイキリ:
 おめでとうなんて言わねぇぞ 口が裂けても
 アイツに全部擦り付けて おめぇらだけ幸せになるとか 性根腐ってるにも程がある

越の誉:
 あー ねぇ、どうしてダイキリ君、は、ココに来るの?

ダイキリ:
 確かに俺は寝返ったけど 裏切ってはいないからな。

越の誉:
 そうなんだぁ… じゃあ ビア様、きっと喜んで下さって、るよ?




八海山:
 私も 君に聞きたい事があるの 良いかしら?

ダイキリ:
 …。

八海山:
 ビア様が居られた頃は 君 ダイキリ・チャリオットとは名乗ってなかったわね?
 戦争は終わったのに 何故 今更 そっちの名前を使うのかしら?

ダイキリ:
 お前には理解出来ない事情だ

八海山:
 それに 今更 君が士官学校を目指す意味が分からないわ
 ビア様は 御身を犠牲になさってまで 平和をもらたして下さったのに
 今度は君が何かを起こすのかしら?

ダイキリ:
 そういう発想だから お前じゃ分かんねんだ 察しろ どアホ

越の誉:
 …ビア様、が、守ってくれたもの、を… 守る為…なのかなぁ?

ダイキリ:
 さすがは誉だな 半分正解だ
 残り半分は お前等なんかに教えてやんねぇよ

越の誉:
 いいよ、君の人生は 君の、物なんだから 君、は、それで良いんだなぁ

八海山:
 誉… 何? またいつもの“なんとなく”で済ませるの?

越の誉:
 ダイキリ、くんは、優しい、良い子、なんだな。
 だから、破壊の為、に、力が欲しいんじゃ、ないと、僕は、思ったんだなぁ

ダイキリ:
 俺が良い子なら 何か? ビアは菩薩か観音様か?

八海山:
 ごめんなさいね 私達 東の国の文化に詳しくないの。




ダイキリ:
 俺も あんた達に聞きたい事があるんだけど

越の誉:
 いいよ、僕に分かる事、だったら、何でも、答えるんだな

ダイキリ:
 モスコミュール先生の視力と魂の半分が戻ってから 気になってたんだ。
 俺達のジャスティスで 明確に“眼”があったのって イエローチャリオットだけだよな。
 だから まず ジャスティスって何者なんだ?
 俺等が戦ってまで使役しないといけないジャスティスって 何なんだ?

八海山:
 ダイキリ君、ココが昔 革命広場という名前だったのを 知ってる?
 ココは 100万年以上前は フランスという名前の国だった。
 記録は残っていても その当時の事なんか 誰も知らない 知る術も無いわ。
 ジャスティスも 旧人類が信仰していた神とやらが 人に与えた物とされているけど
 確認のしようが無いのよ。
 それでも 私達は守って行かなければならないのです

ダイキリ:
 違ぇよ そんな事が聞きたいんじゃない。
 俺が気になってんのは ビアの言ってた事だ、「眼が気に入った」とか 何とかさ…

越の誉:
 …イエローチャリオットの、眼が、先生、の、眼だったかも、しれない、って?

ダイキリ:
 そうだけど 何の為にイエローチャリオットだけは眼が必要だったのか
 お前等なら 何か知ってるんじゃないかと思ってな

八海山:
 そう言えば 先生は現役時代“9:隠者”でいらしたわね。
 先生のハーミットは 魂の全てを吸われない能力だったのかしら?

越の誉:
 先生の、魂と視力が、戻ったの、って、イエローチャリオットが 先生、に、
 返して、くれた、から、なのかもしれないんだな…
 要らなくなった、から、とか… そんな簡単な、事じゃ、ない、かもしれない、けど…

ダイキリ:
 その理屈だと じゃあ 何の為に先生の眼と魂が必要だったんだ?

八海山:
 …ビア様は 亡くなっていない?

ダイキリ:
 待て! 話が飛び過ぎて混乱する!

八海山:
 ダイキリ君、思い出して ピナコラーダが死んだ時の事を。
 ピナコもレッドレイに 魂を吸われたかしら? 身体も消えたのかしら?

越の誉:
 …ピナコの 黒焦げの死体 僕 埋めたよ
 ダイキリ君が ブライトアーチャーで焼いた ピナコの死体 僕が埋葬したんだな

ダイキリ:
 魂は 吸われてた って言うか 食われたみたいだったぜ

八海山:
 ダイキリ君! 今 イエローチャリオットはどこにあるの?
 ビア様が… ビア様が…!!!

越の誉:
 …八海山、お願いだ、から、ねぇ、落ち着く、んだな。
 ビア様、に、ちゃんと謝りたい、のは、みんな、同じなんだから…

ダイキリ:
 …ふざけんなよ 知ってても教えてやんねーよ!
 最後にビアを見捨てて逃げた お前なんかには ぜってー教えねぇよ!!!

越の誉:
 でも ダイキリ君、君はそれで良いの?
 僕達の戦争、は、終わったけど、ビア様は、まだお1人、で、戦って、おられ、る、訳で
 君、は、ビア様の、大切な親友で、君は裏切って、ない、って、さっき言って、て…

ダイキリ:
 うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!! ビアぁぁぁ! ビアぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!

八海山:
 ビア様が… ビア様は… ビア様…!!!




後日“ガラリヤの壁”と呼ばれる遺跡にて

ダイキリ:
 …やっぱり 今のイエローチャリオットには 眼が無いな。
 やっぱお前 生きてんのか? 返事くらいしろよ、ビア… バカ野郎…



wrote : 2013 03 02 sat.
exhibit : 2013 05 17 fri.

関連記事

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

RSS。
applause。

web拍手 by FC2

profile。
link。
calendar。
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
category。
new article。
comment。
track back。
search form。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

tag cloud。

モンチョゴメリーズ 堤さんに捧ぐ 自作小説 NicottoTown スピンオフ ニコッとタウン この記事は真実の暴露です パスワードのお問い合わせはメールフォームから 鍵付日記 ネタ切れ 埋め合わせ 証拠メール 証拠 例の誰かさん goo アバター トラックバック練習板 思い出話 これはひどい 脅迫メール 料理 ヘルニア未満 通院日記 バトン MonsterHunterPortable3rd お察し下さい 昨日の続き 本当に酷いのは誰? ルーベンス・バリチェロ 経緯説明 十二指腸潰瘍 パワーストーン 22人の7つ道具編 病床日記 motoGP 私はダメダメな人間です。 彼氏さんの暴力 腰椎圧迫骨折 ついったー F1 時節 高血圧 ネガティブな絶句 浅草 彼氏さん ニュース クレクレ krkr 長岡花火 東日本大震災 きせかえアイテム 胃潰瘍 東北地方太平洋沖地震 酷い弟 感想文 #makodono コラム お持ち帰りはご自由に カレー 計画 プレゼント詐欺 手抜き MISTY ニコニコ動画 狩猟笛 彼氏さんの浮気 「痩せれ。」 内科 ニコ題 酷い母 FC2トラックバック デニーズ 歯科 餃子の王将 お稚児唄 クリスマス ロリィタ レシピ ロリータ 酷い実家 プレゼント 美味しい F1 フェニックス 小林可夢偉 食欲が有頂天 転ばぬ先の杖が欲しい 虐め セブンイレブン 訃報 写真 脳内うろ覚え再生 報告 自論 イベント ごあいさつ 事の発端 シャネル 覚書 副垢 お正月 この記事はフィクションです 昨日の日記 慢性鼻炎 青ガチャ 浅草神社 著作権 虫歯 色付きの夢 中華 入浴剤 週題 がひーん!!! ロバート NicottoTownブログ広場 破格の安さ 妄想 便乗 ぽた●か ニッセン Twitter 東京スカイツリー お初 4人目の泥棒猫さん おすすめ 欲しい 酷い ノンフィクション ウラガンキン げんなり 自遊空間  オムライス それいけ!アンパンマン  なんでやねん 死亡事故 ニココレ 病弱 グラ天 楽天市場 単行本 近隣トラブル 笑点 対策 スミマセンネオトサン ネタバレ 心配 要領が悪い  整形外科 性格ブスは●●の特権  「私はダメダメな人間です。」 ヴィクトリアンドレス フィリップアイランド アイルー 地雷バトン 特許権 知的財産 生活音被害 アパート 総括 不安 ニコットガーデン ジンオウガ 盗作 生理 裏技 文房具 ぺんてる 毎週イベント 漫画 インディカー 白雪姫症候群 バレンタイン 化粧品 彼氏さんの物 交通事故 動画 首都圏直下型地震 バリケロ 村山文夫のグランプリ天国 欲しい物 地震 拡散希望 ニコッとガーデン 中越沖地震 中越地震  苦手な食べ物 自分絵 浅草寺 スウィーツ アバターアイテム 通販 神棚 珈琲貴族エジンバラ 青山博一 香水 甘い物 ブログイベント 立ち蕎麦 セパン SNS  CSN(←カズン) 選挙 限定品 即席スープ グリフォンハンター 持論 復興祈願 がひーん!!! 小技 ゆるゴーストサークル 挨拶回りの週間総括 asahi.com マジックボール 前回の続き R.I.P 空気洗浄機 苛め 空気清浄機 らでぃっしゅぼーや ついったーbot COCORO@mode 旅行 NAGOMI コーヒー 彼氏さんのスクーター htmlタグ 蟹座 サザエさん ニコットRPG2(エイプリルフール企画) 森永エンゼルパイ ファミリーマート ゆがふる イトーヨーカドー バレンティーノ・ロッシ 英玲奈のコーナー要らない、その時間が無駄 天然石 くまのプーさん 新カテゴリー  ヘレス・サーキット スペインGP おもしろい 家庭教師ヒットマンREBORN!  ゆほびか。 大雪 トゥリニセッテ 置き傘 産婦人科 比較 病院食 ミニブログ コツ シチュー 花のズボラ飯 孤独のグルメ アレルギー 蜂蜜 FC2ピヨ 大晦日 池袋 開花宣言 はぐれカメット ぶくろ エイプリルフール 立派な痔 gooひとこと  緊急  再開 お菓子 集英社 ポジティブな絶句 マッサは遣れば出来る子 寝具 予定 体調不良 風邪 ロリス・カピロッシ 消しゴム アンパンマン 引越 おもちゃ しょくぱんまん様 雑誌 R25.jp gooニュース JR新宿駅 原田信助 R-TYPE 設定がいちいち酷い 欝になりそうな設定 日刊サイゾー 痴漢冤罪 イトカワ はやぶさ 新宿駅痴漢冤罪暴行事件 事件 冤罪 女性専用車輌 川田利明 浅草に帰りたい ポケモン ガチャピン ムック 丸美屋 ブランドムック イヴ・サンローラン ブラジルGP バレンシアGP 野球延長の所為で 中日ドラゴンズ 千葉ロッテマリーンズ カップスープ コンビニ 富士そば 浅草名物 助六 アブダビGP 鉄人 天丼 押上タワー ローソン おでん 魚河岸揚げ せんねんそば 第2東京タワー 非人道的設定 MSN産経ニュース チャーミーキティ Baby,TheStarsShineBright ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル 遣り方がいちいちエグい 睡眠時無呼吸症候群 ヘッドドレス HeartE 怨み 薀蓄 呪い 窓硝子の罅 韓国GP  パワーパフガールズ 東武線 ランチ 西新井駅 ラーメンスタンド SWIMMER 武藤敬司 嫌韓流 うなぎ バブルスが好き鰻 白湯 教えてgoo こども手当て 釜飯 銀のさら ミルクティ タリーズコーヒー 肋軟骨キター 発達障害 Rozen 若松川田 神経精神科 コピー&ペースト コピペ 給食費未納問題 新潟市立笹口小学校 おはようからおやすみまでくらしに夢をひろげるライオ Maiden 至高の料理 迷信 仕付け 筆記用具 宅配 釜寅 躾け  りぼん 年賀状 酒井まゆ MOMO 買い物 chocoholic 下戸 京都 お掃除 バルサン 茄子 なす 味覇 ナス ゴキブリ 衰退の歴史 まさお君 旅犬 ポチたま ラジオ体操 オフ会 Cafesta ニコッと農園  お弁当 金燦銀燦 GGI3 ゴッドマーズ 浅草ROX まつり湯 スーパー銭湯 健康ランド 付録のバッグ 柏崎 MAD動画 YouTube 中間発表 違法ダウンロード刑事罰化 DVDリッピングの違法化 SoftBankプリモバイル 改正著作権法 だいすけ君 転載 格安弁当 デリカぱくぱく ワケアリ有田みかん 弁当250円 コロッケ20円 たこ焼き6個100円 ハムカツ60円 ティガレックス 原発国民投票(笑) 日本テレビ スッキリ!! ロールパンナ 家政婦のミタ 三原ミツカズ 通販生活 DOLL 質問 一般常識 生活の知恵 ジエン・モーラン 峯山龍 アレ 設定 プレ企画 怪物くん ヤンキーキャンドル アロマキャンドル ヘレス リズラ・スズキ アルバロ・バウティスタ 手持ちメガ白バラ MonsterHunterPortablr3rd ロウソク 覚え書き トニー・カナーン いじめ バイオリン 恋バナ 暴君 フィドル チョコレート はぴば★彡 スイス 体育委員会 七松小平太 人間取扱説明書 マンデリン ブルックス ダン・ウェル丼 ダン・ウェルドン ポケットワーク ツインリンクもてぎ レディースコミック うらめしや モスバーガー タレカツバーガー タレカツ丼 COCO'S 中華料理おがわ おしらせ 挿絵 ロクシタンカフェ 言い訳 トイレの神様 オススメ 魔木子 ダイキュリーアイス カレルチャペック紅茶店 七夕 百円均一 ターコイズブルー 手作り ダイハツ 新カテゴリ 不平不満 ミゼット 旧車 羨ましい かわいい インテリア ニコッとフェニックス計画 大阪王将 エアコントラブル HowTo ぎょうざクラブ 会員証 金欠中 秋葉原 オート3輪 サークル チロル アルプスの少女ハイジ ジェイコム P限定 キラキラ橘商店街 コーヒーカップ 墨田区 ヒートショック 長風呂 エアベッド スタジオジブリ コスプレ カインズホーム リウマチ 風呂バンズ600 ロイヤル通商 ミツバチ 遊助 ピストバイク 自転車 道路交通法 中国 韓国 魚拓 危険運転 背景 ニコッとフリマ デニーズ墨田立花店 セブンイレブン墨田八広店 筋トレ 永谷園 五目焼きビーフン ビーフン 魔改造 トラブル 交換 ギギネブラ おでんの具 ベリオロス ハロウィン お部屋アイテム しまむら ゴスロリ 墨田中央病院 ナポリの窯 こいつら100%伝説 煙害 受動喫煙 ターミネーター 歯科口腔外科 墨東病院 親不知 アメトーーク ブログ移転 西新井 尿漏れ 泌尿器科 ストーンマーケット BABY 土用 代官山 マレーシアGP 東京都知事選挙 ガネッシュマヒール う●こビル 墨田区役所 クラスター 上尾市 ニコペット お姫さん 恥ずかしい 陸前高田の高校生の訴え PCX 水道橋 メンチカツ 加藤大治郎 高橋江紀 お酒 鈴鹿 エビフライ こってり 刮痧 アリオ西新井 フローライト セカンドクラブ ケロ会長 天下一品 ラーメン 南千住 オーストラリアGP イスラム教 エジプト暴動 ムバラク政権崩壊 宗教 創価学会 id=925038 在日 エジプト 天皇 ライディングスポーツ 板野友美 AKB48 寿司 群ようこ InnocentWoerld 嶽本野ばら ポッキー ブロンコ 隙間収納 本棚 ロフトベッド 中古PC コート パクリ 近藤真彦 家具 Nissen 新潟市 蒲原まつり ハンバーグ 祖母 かりかりぴー スノウツインズ改 双剣 海鮮ユッケ くら寿司 マクラーレン 攻撃しない平和主義者 装備 景品 商品 制服 ジャージ 素材 リオレウス マレーシアGP 予知無 白バラの花束 マルコ・シモンチェリ ロッテリア id=666172 テーマ 焼きそば リンガーハット ポテトサラダ Ban'sKitchen amazon 新小岩 ばんちゃん 富沢祥也 えびオムライス 宮帯出版社 東京手帖 皿うどん 美味しんぼ 東洋水産 固焼きそば いか焼きそば ほぼ日手帳 手帳 MyBirthday 

R I P Shouya Tomizawa #48。

walking cat。

blogram.jp。

blogram投票ボタン

BLOG MOON。

cat thermometer。



THE CAPTAINS。



ガチャ便。


favolite list 【楽天市場】。

T-SITE。



Nicotto Town。





QR code。
QR
various attention。

『浅草もへブログ。』に お越し下さいまして
誠にありがとうございます。
当ブログをご覧頂くにあたり 幾つか
注意事項がございます。
必ず お目通し下さいませ。

① 記事について
当ブログは 基本的に
私の主観でしたためております。
時々 私の主観でないもの、
つまり フィクション記事も ございます。
従って 内容を額面通りに 素直に鵜呑みに
なさらない方が 賢明です。
情報操作の為に 意図的に 真実とは異なる
内容をしたためる場合もございますので
真偽の確認は 各自で お願い申し上げます。
また 私の文章で気分を害されても
私は 一切の責任を取りません。
クレームに応じるつもりも ございません。
気分を害したなら どうか 2度とお立ち寄り
なさいません様に、 基本的には
各々方の自己判断で お願い致します。

② コメント欄について
当ブログのコメントは 認証制です。
私の独断で 許可か否かを判断致します。
また 頂いたコメントを元に 新たな記事を
したためる事もございます。
その場合 確認は取りません。
勝手に流用させて頂きます。
それを念頭に置いて コメント下さいませ。
また 流用の際は IPアドレス等も
公開させて頂く場合もございます。
あわせてご留意下さいませ。
主に 私が“荒らし”と判断した場合
IP情報を公開致します。

③ トラックバックについて
当ブログは トラックバックも認証制です。
私の独断と偏見で 可否を判断致します。
広告目的な物は 全面的に認めません。
アダルトな内容も 受け付けません。
当ブログへの言及は 無くても構いません。
TBのお返しは しないかもしれません。
また TBして頂いた記事を元に 新たな記事を
したためる場合もございますが
その場合 流用の許可は 取りません。
頂いたTBは 基本的に
「流用しても良いもの」 として 扱います。
その際 画像等を拝借する場合もございますが
流用の許可は 取りません。
「流用しても良いもの」 として 扱いますので
その旨 ご留意下さいませ。

④ リンクについて
当ブログは リンクフリーではありません
トラックバックは認めますが
文章や画像のお持ち帰りは 認めません。
当ブログの著作権は 管理者である 私に
全権がございます。
著作権を放棄するつもりもございません。
http://y7.net/blog-cologne/
このURL以外は 一切 持ち帰らないで下さい。
必要であれば お申し出さえ頂ければ
TB返しは致します。
画像の流用も 基本的には 認める姿勢です。

⑤ 出会い目的の訪問者様へ
最初に お断り申し上げますが
私はレズビアンです
男性の下半身に 興味はございません。
悪しからず ご了承下さいませ。
一応 お付き合いしている方(←男性)が居ます
お友達は そんなに積極的に欲しいとは
思っておりませんが 要らないとは思いません。
同性・異性に関わらず です。
また 私とお友達になりたいと思って下さる
女性が 仮に 現れたとして、
身長が170㎝以下なら 恋愛対象になりません。
その点を ご注意頂ければ 問題無いと思います。
170㎝~173㎝が 危険域です。
男性に対しては 恋愛の方面の興味も
下半身への興味も ございません。

⑥ その他
何かございましたら メールフォームから
お問い合わせ下さいませ。
すぐにご返答出来ない事もございますが…。
wrote : 2010 11 21 sun.
管理人 : cologne.

friend application。

この人とブロともになる

access analysis。
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。