スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンチョゴメリーズ 21話 あとがき。

この記事は『NicottoTown』ブログを 再編集したものです。



下手すればコピペで済む物に どれだけ時間を掛けているんだと問い質したい…。
やはり私 文章で書くより マンガの方が描けますね(←苦笑)。

2006年の秋頃 堤さんがお書きになった21話を 脳内うろ覚え再生する形で
リメイクした結果が コレです 色々と残念でしたね。
この回は 堤さんにしては珍しい 心理描写メインのお話でした。
過去の3度の失敗から ラムジュレップさんに見捨てられる事を恐れたダイキリ君が
最後の手段として 毒殺を選ぶ辺りのお話です。
ラムジュレップさんも その辺りを見越して 歯に仕込む薬をすり替えておいた訳ですが。
22話で明らかになるのですが 21話でダイキリ君に託されたのは フーガ殺害ではなく
あくまで フーガの足止めでした。
『宗教財団ソドムの闇』が フィロントタロンに総攻撃を仕掛けるという情報を 諜報部が
得たので その間 フーガの様なレジスタンスには 大人しくしていて欲しかっただけで。
だからこそ 「ダイキリの気持ちを利用するな!」と 23話でぶち切れて…。
本当に 後味の悪いお話ですよね。

で 当のダイキリ君はと言うと 「利用でも 役に立てたなら嬉しい」と言って
ポロポロ涙を零しながら笑っていて その涙の意味を フーガは理解出来なくて。
フーガは教育者として残念ですし ダイキリ君も喜び所を間違えてますし
何だかよく分からない誤解を 双方がするのでした。
ダイキリ君は ある意味 初めて任務を成功させた訳ですから 純粋に嬉しくて
嬉し涙を流したのであって 利用されて傷付いたのではありません。
むしろ 利用して貰えた事を 役に立てた事を 心の底から喜んで泣いたのでした。
それを 騙された事に対しての悔し涙と誤解したフーガが ぶち切れて
ラムジュレップさんに再び銃を向けるのですが 銃弾に倒れたのはダイキリ君で。
何故 ダイキリ君がラムジュレップさんを庇うのか フーガには分からないのでした。

ラムジュレップさんとダイキリ君の関係は 単純な父子というだけでは説明出来ず
凄く難しい 魅力的な組み合わせだと思います。
血の繋がりはありませんしね。
更に 妹なのか姉なのかよく分からない トムアンジェリーという子も居ます。
トムアンとラムジュレップさんは 普通に父娘をしていますが(←性描写あり)。
ダイキリ君とラムジュレップさんは 精神的な繋がりが強過ぎて 父子の関係も
恋人同士の関係も凌駕してしまっている間柄と言えます(←性描写あり)。
私の言葉では 「傷を舐め合う様な関係」としか 表現出来ないのですが…。

あと ダイキリ君関連のエロシーンで 唯一 ダイキリ君を精神的に満たして
あげられたのが ラムジュレップさんなので 切ないですよね。
「お前の身体しか要らない」と言うガリアーノの鬼畜さ。
「八海山が好き過ぎて全てを晒せない」という理由で 八海山に似たダイキリ君で
埋め合わせをする越の誉。
その八海山に選んで貰えなかった寂しさを 八海山に似たダイキリ君に
ぶつける 吉乃川。
「君だけは絶対に僕を裏切らないで」と懇願するビア様。
ビア様の思いが自分に向かないジレンマを抱えたカンパリ氏。
コックステール アペリティフ料理長 トロヤンホースは 正直 よく分かりませんが
それでも 精神的に満たしてくれたかと考えると ノーでしょうね。
満たしてあげられる可能性があったのが 『グリフォンハンター』の主人公 キール。
ラムジュレップさんの死に打ちのめされた 19歳のダイキリ総帥の心に開いた
大き過ぎる穴を埋めるには 17歳のキールの愛では 全く足りなかった訳ですが。
まぁ 19歳のダイキリ総帥に ラムジュレップさんの様にキールを扱えたかと言うと
そこにも 無理があった訳で。
私はキール×ダイキリ至上主義ですが(←殴)
それでも あんな悲しいエロシーンは無いな と 心が痛んだのを思い出します。
「イヤだ」 「助けて ラムジュレップさん」 「恐い」と言いながら エアダクトに手を伸ばして
ずっと泣いている 目を合わせてもくれないダイキリ総帥。
それでも 総帥が好きになったのは 諜報部第2班の元班長で キールは失恋…。
報われなさ過ぎて この2人のエロシーンは 心が痛いです。



あと 登場アイテムリストは 以下の通り
 (↑堤さんも 毎回 巻末に掲載していました)

ラムジュレップさんから貰ったドルヒ(ダガー)のモデル
 ⇒ デニックス 1933年型SS短剣(ドイツモデル)

ダイキリ君が「ラムジュレップさんの匂い」と言う香水
 ⇒ ロクシタン ヴァーベナ オードトワレ

【余談】 私のダイキリ君のイメージ
 ⇒ ジャンヌアルテス SUN
 ⇒ ニナリッチ レベルドゥリッチ チェリーファンタジー
 ⇒ エスカーダ チェリーインジエアー
 (サッパリ目のフルーツの香り、中でもサクランボのイメージが…)

フィロントタロンからの初月給で買った 『君が代』のオルゴール
 ⇒ 23N シースルーケース(黒)
 (※ モンチョゴメリーズとしての収入でなく 厨房のアルバイトとして貰ったお金で。
   現代の日本円に換算すると ¥800-/h程度 月給10万円程度だそうです
   ビア様の側近なので モンチョゴメリーズとしての月給は1200万円程だそうですが
   子供なので そこまでは要らないらしく 全額貯金だそうです)


ブイヤベースの隠し味
 ⇒ ユウキ食品 貝柱スープ(顆粒)
   ユウキ食品 味鮮(半練) ← 魚介ベースのチキンスープです



先週のニコ題 『七夕にお願いしたいことについて』を (副垢が)書いたら
妙に書きたくなってしまった 21話です(←笑)。
私の残念な文章力では 面白さの半分も書き切れなかった気もしますが
フーガ先生の独り善がりな正義は 書いていて 楽しいですね。
しかし クリス(ブラックサンシャイン)が 名前しか出て来ないのも 寂しい気がします。
普通にかわいい犬なのに ビア様を殺す兵器なんですよ…。
ライオンのホワイトナイトメアは 飼い主を振り回す程 キャラが立っているのに
そういう意味で 堤さん作品の主人公は 哀れで笑えます(←苦笑)。

wrote : 2013 07 05 fri.
exhibit : 2013 08 26 mon.
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

モンチョゴメリーズ 21話 ③

この記事は『NicottoTown』ブログを 再編集したものです。



その後 2日間 俺達は色々な話をした。
普段から接点の少ない子ではあったから そういう意味では 貴重な2日間だった。
東の国から取り寄せたお菓子は テーブルの上に置いておくと
全部 トムアンジェリーに食べられてしまうから クローゼットに隠しているだとか。
実はそんなに体育は得意でないとか(←寂)。
誉の畑のサクランボで デニッシュを作ったら ラムジュレップが褒めてくれたとか。
コアントローが強過ぎて勝てないだとか(←子供相手でも容赦無いからなぁ)。
いちばん気持ち良いキスをしてくれるのは ガリアーノだとか。
ラムジュレップは 少し恐くて 時々理解に苦しいけど 優しい父さんなんだとか…。
何処にでも居る 普通の 優しくて繊細な ただの感受性の強い子だった。
毎日が本当に楽しくて 幸せで 充実していると 笑っていた。

この2日間で 1度だけ ダイキリは泣いた。
…否、ダイキリをここまで深く傷付けたのは 他でもない 俺だった。

“俺のいちばんの友達”
“俺の父さん”
“俺の料理を褒めてくれる大事な客で 先生”
どれか1つでも 失うのは嫌だと言って 泣いた。

“俺のいちばんの友達と父さんが 俺の大事な客の家族を殺した”
“俺の先生が 俺のいちばんの友達を殺そうとした”
“俺の料理を褒めてくれる大事な客が 父さんに銃を向けた”
「俺の大好きな人達が 憎み合って 殺し合うなんて 悲しい」と言って 泣いた。
「戦争なんかしたくない、皆が笑顔で居て欲しいから厨房に立ってるのに」と 泣いた。

この優しい子を いちばん傷付けたのは 俺だった。
大切な物 全てを天秤にかけて “恩の重さ”で 俺と敵対する道を選んだ ダイキリ。
正しい事 悪い事を 冷静に見詰めて吟味するという 大人の遣り方を知らない子だった。
受けた恩に報いる、ただその1点だけで この優しい子は 武器を手に取った…。
俺がダイキリの担任だったら 戦争が始まる前に 教えてやれただろうか。
家族を殺された恨みだけで 戦争を始めてしまった俺には 何も言えなかった。

「大切な物 どれか1つでも 欠けてしまったら嫌だから 俺を殺して欲しい」
そんな事まで言い出した。
「お前を失いたくないから 殺さない」 そんな言葉で この子の何が救われるんだろう。
「お前はまだ ラムジュレップに何も返していない、ちゃんと恩返しが出来て
 それでも生きるのが辛かったら その時は殺してやる」 そんな事しか言えなかった。
教師と生徒が どうしてこんな悲しい約束をしているのか 分からなかった。
この時のダイキリのキスは 胸に刺さる程 苦くて痛かった。

ダイキリが 誰にでもキスをするのは 本当に全ての人を愛しているからだった。
何もかもが愛おしくて 大切過ぎて それでも それを伝える言葉を知らない、
かと言って 胸に秘めておける程 愛情の量が少ない訳でもなく…。
ダイキリ自身が 胸から無尽蔵に溢れ出る愛情で 常に溺れているのだった。
こんなに激しい愛を 1つも取り零さずに受け取ると言い張る ラムジュレップ。
アイツは逆に 溺れる程の愛を求めているのか? と 妙な考えが過った。
この2人が どんな愛情のキャッチボールをしているのか 逆に 気になった。

戦争は 何も生まない、そんな事は 昔から知っていた筈なのに。
正しい事 間違った事 それを子供達に教える立場の俺が 戦争を起こした、
ダイキリだけじゃない もっと大勢の笑顔を 俺は 奪った。
俺は 教え子達の為に 何をすれば良いのだろう…。
それでも ビアがした事は “悪い事”なのだ 教育者として それは
ビアに教えてやらなければならないと思う。
奪われたのが たまたま俺の家族の命だっただけで 襲われたのが たまたま俺の
祖国だったというだけの事で 俺が取るべき行動は 1つだ。

でも 俺は“主人公”だ。
俺がジャスティスに選ばれなかったら ビアは 俺の家族を殺す事も無かった筈だ。
ビアに“ラスボス”をやらせているのは “主人公”である俺が居るからだ。
俺さえ 居なければ…。
否、それは いけない事だ 俺はそれを教える立場の人間だ。
今は 何が正しいのか 本当の悪が何なのか 俺にも分からないが
子供達に顔向け出来ない様な生き方を 俺が してはいけない。
ダイキリの あのキレイな涙を無駄にしない為にも 俺が道を踏み外しちゃいけない。
ビアだって 実は 何かに苦しんでいるのかもしれない。
俺は 教育者だ 俺が子供達を 苦しめちゃいけない…。
だから 1日も早く この戦争を終わらせて 世界をあるべき姿に戻すんだ…




入院している時に ダイキリのブイヤベースがいちばん好きだと話したら
退院してすぐ 俺の為に 2日掛かりで作ってくれた。
正直 俺の母さんが作る物より 優しい味で 美味しいと思う。
ダイキリは 「フレンチでは使わない 中華の“貝柱スープ”を加えているからだ」と
教えてくれたが あの温かさは 優しさは そんな小手先の技ではないと思う。
2日掛かりで 手を傷だらけにして 魚介を捌いて作ってくれた ブイヤベース。
アイオリソースだって きちんと手作りだった。
東の国から取り寄せたという擂り鉢を 両足で挟み込んで すりこぎを回す、
フレンチの伝統的な料理を 古い日本の道具で 美味しく作ってくれた。
お前が誰より優しくて 誰よりも皆を愛してくれているから こんなに美味しいんだ。

ダイキリ、お前は ドルヒを振り回す為に生まれてきたんじゃない、
溢れる程の愛情を料理に込めて 皆を笑顔にする為に生まれて来たんだ。
でも ダイキリにドルヒを握らせたのは 俺だ。
厨房で鍋を振るう子に 武器を持たせたのは 教育者である筈の 俺だ。
俺は 何を間違えた?

「ありがとう 美味かった」 そんな言葉を掛ける資格が 俺にあるのだろうか。
頭を撫でてやる資格が 俺に あるのだろうか。
絆創膏だらけの手で頬に触れられて 優しいキスを贈られて
笑顔で食堂から送り出される資格が 俺に あるのだろうか…。

ふと 後ろを振り返ったら。
ダイキリは 俺にしてくれたキスと同じキスを ビアに カンパリに 贈っていた。
あの子にとって 全ての人間が 愛すべき存在なのだ。
敵も 味方も 関係無い、全ての人間があの子の客で そして 愛する者なのだった。
あんな風に 俺も 生きられたら… それは とても苦しい事だと思う。
でも いちばん幸せな いちばん理想的な生き方なのだとも思う。
和をもって尊しとなす 奥ゆかしい日本人、それが 最も理想的な“平和”だと思う。
ダイキリは だから いちばん幸せにならなければならない子だと思った。



wrote : 2013 07 04 thi.
exhibit : 2013 08 26 mon.
関連記事

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

モンチョゴメリーズ 21話 ②

この記事は『NicottoTown』ブログを 再編集したものです。



どうして 涙が出るのか 俺には分からなかった。
ただ ダイキリのキスが あまりに悲しくて あまりに切なくて あまりに痛々しくて
こんなに身も心もボロボロにして生きている この小さな教え子が 悲しかった。




出血多量で動けない俺に馬乗りになって そのまま 心臓にドルヒを突き立てれば
ダイキリの目的は 達成されていた筈だった。
しかし ダイキリは 敵である筈の俺に 金属の刃は立てなかった
小さな手が 優しく髪を梳いて 俺の形を確かめる様に 瞼を 鼻筋を 唇をなぞった。
辛うじて動く左手で ダイキリの真似をして 髪に触れてみた。
小さな頭 ふわふわでコシの無い髪は 俺の髪質に似ていると思った。

俺が教師だからだろうか ダイキリに触れられて 愛情の様な物が湧いて来た。
体育の授業と 宮殿の食堂と 数回の戦闘、俺達の接点は それだけだった筈なのに
身体が 熱くなった この小さな子供が とても愛しい存在の様に感じてしまった。
 (※ フーガ先生は体育教師なので全クラスの体育を受け持ってはいるものの
  5年生の担任なので 3年生のダイキリ君との接点は その程度です)


なぁ ダイキリ、俺達 今からキスをするんだよな?
それって お互いの愛情を確かめ合う 幸せな行為だと ずっと思って来たのだが…
どうしてお前は そんな悲しい目で 俺を見るんだ?




小さな唇は とても優しくて さっき迄俺を殺そうとしていた子供の物とは思えなかった。
甘くて 温かくて… 息を止めて 小さくぴくんと身体を振わせたダイキリを
左腕だけで 力の限り抱き締めていた 愛おしくて 堪らなかった。

ダイキリの小さな舌が 俺のそれに絡み付いて来た。
さっき迄は あんなに甘くて温かかったのに… ダイキリの“痛み”が 流れ込んで来た。
まるで 全身を切り刻まれて 血を流している様子を 汚い大人達の前に晒して
嘲笑われる様な 唾を吐かれる様な 悲しさと惨めさが 流れ込んで来た。
俺は 虐めっ子の気持ちも 虐められっ子の気持ちも 今迄 知らなかった。
ダイキリが抱えていた悲しみは そんな生易しい物ではなかった。
自尊心も何もかも ズタズタに引き裂かれて 踏み躙られて 唾を吐かれて嘲笑われる、
そんな悲しさが 悔しさが 惨めさが 甘い涎と一緒に 流れ込んで来た…。

シャムロックは 母親に会いたい、ペットのトナカイと鹿に会いたいと言って
時々 泣いている。
ジャスティスに選ばれてしまったが為に 愛する家族から引き離され
フィロントタロンで 戦争の道具にされている 可哀相だと思う。
でも ダイキリだけは 事情が違った。
地獄の苦しみから救われ 友達を与えられ 喜んで料理を食べてくれる客を与えられた。
だからダイキリは いつも食堂で笑っていたんだ。
こんな小さな身体に こんなに深い悲しみを閉じ込めて それでも 笑っていたんだ…。
俺は こんな子供の やっと手に入れた小さな幸せを 奪おうとしていた…。




「フーガ… アンタ 本当はいい先生なんだな」

「ダイキリ、スマン それでも俺は ビアを倒さないと…」

「いいよ 俺にもちゃんと分かったから…
 戦場では 俺達は敵同士だ 学校では 教師と生徒だけどな」

「イヤだ… やっぱり俺 お前とは戦いたくない!
 俺が親代わりじゃ ダメなのか? 俺の安月給じゃ 贅沢はさせてやれないけど
 お前1人くらいなら 何とか食わせて行くくらい 出来る筈だ!」

「…俺達に 未来は無いぜ? 今 ココで死ぬんだから」
(口の中から オレンジ色のソフトカプセルの外殻だけを取り出す
 かじって潰されていて 中身は無い)

「…お前 それって …諜報部か? 諜報部の奴らの指示か?」

「匂いも味も無かったから 気付かなかっただろ?
 俺は 俺の意思で 俺の命を使って 俺の宝物を守るんだ…
 アンタにビアは殺させない… 替わりに 俺の命をくれてやるから それで穏便にさぁ…」

「バカタレ!!! それは 絶対にやっちゃいけない事だ!
 ふざけるな! なんでお前が あんな奴等を守ろうとするんだよ…
 お前が死んだら 誰が喜ぶ? 悲しむ奴しか居ないだろうが!!!
 お前 バカだ! お前の命なんか 要らない! 俺が欲しいのは…」

「ラム…ジュレッ…さ…」

「おい ふざけるなよ… 何 やり遂げた顔して 笑ってるんだよ…
 バカタレぇ… お前はまだ 何も成し遂げてねぇよ… バカタレがぁぁぁぁぁぁ!!!」




白い天井 鈍痛が走る右腕 右隣から聞こえて来る小さな息遣い…
どうやら 俺は 病院で眠っていたらしい

「気が付いたかい?
 私のかわいい息子が 大変お世話になった様だねぇ
 治療費の心配はしなくて良い 私が払っておいたし 明後日には退院出来るよ」

「ラムジュレップ… その汚ぇ手を離せ! ダイキリを穢してやるな!」

「子供には致死量になり得るレベルの睡眠薬だったからねぇ
 君が半分飲んでくれたお陰で ダイキリ君を失わずに済んだよ ありがとう」

「お前がダイキリに触るな!!!!!」

「フーガ先生、この子の父親として 君に頼みたい事があるんだけど」

「…頼み?」

「うん、この子はねぇ 拒絶される事を 何よりも恐れているんだよねぇ
 だから この子が差し出す物は どんな物であっても 受け取ってやって欲しいんだ
 それがたとえ 命に関わる物であったとしても 必ずね」

「ラムジュレップ… お前 父親なんだろう?
 どうして それが間違っている事だって 教えてやらないんだ?
 そんな物まで差し出さなくても 誰もお前を嫌いにならないって 教えてやれよ」

「教えたよ 何度も
 それでも この子 「受け取って欲しい」って欲求しか 持ってないんだもの
 差し出す事しか知らない子に 何を与えても 受け取ってくれないんだよ…
 私が気付いていないだけで この子なりに 何かを得ているのかもしれないけど」

「…俺は教育者だ 間違いを糺して 正しい道に導いてやるのが仕事だ
 そんな愛は間違ってるって 俺が このバカタレに教えてやる!
 そんな悲しい生き方は 俺が止めさせてやる… だから その手を離せ…」

「…ほら 分かるかい?
 意識が無くても こうして首筋を吸ってあげると 身体は喜んでくれるんだよねぇ
 こんな方法でしか 愛情を伝えられないなんて 親としては悲しいよ?」

「分かったよ! 何でも受け取ってやる だから その汚い手を離せ!!!」

「…コレ ダイキリ君の大切な物なんだ
 置いて行くけど 大切に扱ってよ 間違っても壊さないでね?」

「…オルゴール? と 香水?」

「じゃあね フーガ先生 ダイキリ君が目覚めたら よろしくね?」




その日の深夜 ダイキリは目を覚ました。
枕元に置かれた香水瓶を見るなり 目に涙を溜めて 幸せそうに笑っていた。
ダイキリにとって ラムジュレップやビアが どれだけ大切な存在なのかを 思い知った。

そして もう1つ。
ダイキリは 決してホームシックに掛からない子ではないのだと気付いた。
香水瓶と一緒に抱えたオルゴールから 『君が代』の音色が 零れていた。
首筋に赤い痕を浮かべて 幸せな笑顔で ラムジュレップの名を呼ぶ 子供。
お前の愛は 誰より深く そして重い…。
俺を殺してでも守ろうとした物に それだけの愛を注ぐ価値を 俺には 見出せなかった。
それでも オルゴールと香水瓶を抱くダイキリは とても幸せそうに笑っていた。



wrote : 2013 07 03 wed.
exhibit : 2013 08 26 mon.
関連記事

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

モンチョゴメリーズ 21話 ①

この記事は『NicottoTown』ブログを 再編集したものです。



マンガで『フーガ先生の受難編』を書き始めたら
「そう言えば そもそも 先生とダイキリ君って 敵同士じゃん」 と 今更の様に思い出し…。
ちゃんと小説が存在していますが 私の文章でリメイクしてみようという気分になりました。
21話は ある意味 精神衛生上よろしくないお話です。
本当に21話だけなので 雰囲気だけで流して頂けたら幸いです(←苦笑)。




夢を、見た。
ラムジュレップさんに見放されて 見捨てられて 東の国に帰る夢。
もう 後が無い 俺に残されたチャンスは きっと コレが最後。

1回目の対決は スイスのヒンウィル フーガの故郷。
“主人公”と その家族の抹殺の命を受けたが 主人公だけは討ち損じた(←3話)。
2回目は ビアを殺しに来たフーガと フィロントタロンの空中庭園で。
オリンピックで2回もメダルを取った奴に 肉弾戦で応戦した俺が バカだった(←9話)。
3回目は 再びスイスへ向かう飛行船の上(←17話)。
この時 フーガには 俺を殺す意思が無い事を知った。
教師は子供を殺せないのか? でも ビアだってフーガの教え子だ。
どうやらフーガは 家族を亡き者にしたのが俺だという事を 未だに知らないらしい。

夢を、見た。
東の国に戻っても 俺には居場所も 友達も居ない。
弱い俺は ただ黙って 全てを差し出して 全てを奪われる事しか 出来なかった。
あの惨めな生活に 戻りたくなかった。
あの地獄に戻るのは 死ぬ事より辛い だから 俺は 最後の手を使う事にした。




「…またお前かよ!
 お前じゃ俺には勝てねぇよ いい加減 白旗上げてくんねぇか?」

「フーガ先生よ 覚えておくんだな
 戦場では その油断が 命取りになるんだぜ!!!」
(ドルヒで斬り掛かる)

「そんなセオリー 誰から教わったんだ?
 そんなの ちっともお前らしくないぜ? お前は厨房で いつもみたく笑ってろ!」
(子供 しかも教え子が相手だから 素手で応戦)

「厨房で笑って居たいから アンタを殺すんだよ!!!」
(左手にドルヒ 右手にタクティカルペン 完全に力負けしている)

「…4戦4敗、またお前の負けだ いい加減 降参してくれ」
(柔道の崩上四方固め 完全に身動きを封じる)

「アンタ… レスリングだけじゃなかったのかよ…」

「悪いな 柔道・合気道・太極拳・カンフー 一通りかじった上でのレスリングだ
 子供のケンカの腕っ節レベルなら お前がナイフを持ってたとしても…」

「コレはナイフじゃねえ! ラムジュレップさんがくれた ドルヒだ!!!」
(でも 動けない)




「この体制のままで悪いが 個人面談さして貰って良いか?
 あくまで 教師と生徒としてな」

「…殺せ 話す事なんて 何も無ぇ」

「お前は俺に負けたんだ 少しくらい 俺に付き合ってくれても良くないか?」

「俺はアンタに負けたんだ 命でも何でも くれてやる とっとと殺せ」

「…泣くなよ」

「泣いてねぇよ!!! 泣いてなんか… 泣いてなんか…」

「ダイキリ、いつもクリスにクッキー作ってくれて ありがとうな
 クリスがお前を友達だと思ってるんだ だから 俺はお前を殺さねぇよ」
(教師スマイル)

「クリス… ブラックサンシャインが…?」
(さすがに驚いたらしい)

「あのクッキー 塩も砂糖も使ってない ちゃんと犬用のクッキーだった
 クリスも 喜んで食ってたぜ? そんな優しい子 殺したくねぇよ」

「…。」

「なぁ もう こんな戦い 止めにしねぇか?
 子供を戦争の道具にする ビアやラムジュレップは まともじゃねぇよ
 お前は 子供らしく 厨房で笑っててくれよ
 俺 お前の作ってくれるメシ 好きだぜ? 元気が出るもの」

「アンタに何が分かるんだよ…
 俺に戦争をさせてるのは ビアでも ラムジュレップさんでもねぇ!
 アンタが 俺に戦争をさせてるんだぜ? 分かんねぇのかよ?」

「…すまん、分からん 教えてくれ」

「弱い奴はな 強い奴に全てを掠め取られても 何も出来ねぇんだよ
 逆らう事も 歯向かう事も出来ない、 ただ 奪われるしか出来ねぇ…
 ラムジュレップさんは そんな地獄から 俺を救い出してくれた人なんだ
 東の国にいた頃は 俺 本当に惨めだった!
 その恩に報いたいと思うのは いけない事なのか?」

「…そうか 大変だったんだな
 恩に報いたいってのは 立派な心掛けだが こんな方法 恩返しにならんぞ?
 もっと別の方法で報いたいと思えないのか?」

「なぁ フーガ先生よ アンタ 教師なら 教えてくれよ
 人の物をとったら それは 泥棒じゃねぇのか?
 俺の大事なダチの命を取ろうとしてるアンタは 泥棒と同じじゃねぇのか?」

(身体の小ささを活かして脱出)

「…ダイキリ、頼むから もう止めてくれ お前とは戦いたくない」

「フーガ、アンタは 俺からビアを取り上げようとしてる敵だ!
 ラムジュレップさんに銃を向けたアンタは 俺の敵だ!!!」
(ドルヒを逆手に持って刺し殺そうとする)

「ぐっ!… ぐぅぅ…」
(右腕尺骨と橈骨で挟んでドルヒの刃を止め 左腕でダイキリ君を抱き締める)

「ダイキリ… どうしてお前は そんな悲しい生き方しか出来ないんだ?
 父親が かわいい子供を戦争の道具に使うなんて おかしいだろう!
 親友が どうしてお前に人殺しの真似事をさせるんだ?
 お前は 利用されてるだけなんだ、ビアとラムジュレップに… 汚い大人達に…
 目を覚ませ! お前は 自分らしく生きろ!!!」

「黙れ!!! 俺は 俺の大切なものを守りたいだけだ!!!
 アンタに奪われる位なら 俺がアンタを殺す!!!」
(フーガの右腕からドルヒを引き抜こうとするも 抜けない 諦めて距離を取る)

「…ドルヒって 要はダガーだよな?
 諸刃の剣なんて物騒な物 父親が子供に持たす物じゃねぇぞ?
 しかもコレ 完全に刺し殺す為の物じゃん
 このドルヒからは 父親の愛も 何も感じ取れないんだけど?」
(腕から抜いて ダイキリ君に投げて返す)

「それでも ラムジュレップさんは 今の俺の父さんだ…
 アンタには分かんねぇよ、俺とラムジュレップさんの絆の形なんてな!」
(受け取って 血を拭き取って 背中の鞘に仕舞う)

「…もうドルヒは使わないのか?
 肉弾戦じゃ お前に勝ち目は無いぞ?」
(出血多量でフラフラ)

「なぁ フーガ先生よ 1つ 頼みがあるんだけど
 その前に 聞きたい事があるんだけど 正直に答えてくんねぇか?」

「…質問には答えてやる 何でも聞いてくれ
 頼み事とやらは 内容を聞いてからでないと 何とも言えないな」




「いや 頼み事の方を先にする。
 俺 アンタの事が知りたい だから 俺にキスしてくんねぇか?」

「…意味 分かんねぇんだけど」

「で 質問の方なんだがな アンタ キスの経験は?」

「ねぇよ!!!」
(出血多量状態で叫んだから 遂に倒れる)

「…童貞って噂は聞いてたけど まさか そこまで未開通なのか」

「とっ… 所構わず 誰とでもキスするお前とは 感覚が違うんだよ!!!」

「だって 人間ってみんな ウソツキじゃん
 だから 言葉なんか信じて 裏切られたら悲しいだろ?
 でも キスで嘘は吐けない 言葉を交わすより ずっと相手の事が分かるぜ?」

「…お前とキスしたら 俺にも お前の事が理解出来るのか?」

「俺はアンタじゃないからな 保障は出来ない
 でも 俺の方には アンタの事を理解出来る可能性がある」

「…1回、 だけだからな?」




wrote : 2013 07 03 wed.
exhibit : 2013 08 26 mon.
関連記事

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

RSS。
applause。

web拍手 by FC2

profile。
link。
calendar。
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
category。
new article。
comment。
track back。
search form。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

tag cloud。

モンチョゴメリーズ 堤さんに捧ぐ 自作小説 NicottoTown スピンオフ ニコッとタウン この記事は真実の暴露です パスワードのお問い合わせはメールフォームから 鍵付日記 ネタ切れ 埋め合わせ 証拠メール 証拠 例の誰かさん goo アバター トラックバック練習板 思い出話 これはひどい 脅迫メール 料理 ヘルニア未満 通院日記 バトン MonsterHunterPortable3rd お察し下さい 昨日の続き 本当に酷いのは誰? ルーベンス・バリチェロ 経緯説明 十二指腸潰瘍 パワーストーン 22人の7つ道具編 病床日記 motoGP 私はダメダメな人間です。 彼氏さんの暴力 腰椎圧迫骨折 ついったー F1 時節 高血圧 ネガティブな絶句 浅草 彼氏さん ニュース クレクレ krkr 長岡花火 東日本大震災 きせかえアイテム 胃潰瘍 東北地方太平洋沖地震 酷い弟 感想文 #makodono コラム お持ち帰りはご自由に カレー 計画 プレゼント詐欺 手抜き MISTY ニコニコ動画 狩猟笛 彼氏さんの浮気 「痩せれ。」 内科 ニコ題 酷い母 FC2トラックバック デニーズ 歯科 餃子の王将 お稚児唄 クリスマス ロリィタ レシピ ロリータ 酷い実家 プレゼント 美味しい F1 フェニックス 小林可夢偉 食欲が有頂天 転ばぬ先の杖が欲しい 虐め セブンイレブン 訃報 写真 脳内うろ覚え再生 報告 自論 イベント ごあいさつ 事の発端 シャネル 覚書 副垢 お正月 この記事はフィクションです 昨日の日記 慢性鼻炎 青ガチャ 浅草神社 著作権 虫歯 色付きの夢 中華 入浴剤 週題 がひーん!!! ロバート NicottoTownブログ広場 破格の安さ 妄想 便乗 ぽた●か ニッセン Twitter 東京スカイツリー お初 4人目の泥棒猫さん おすすめ 欲しい 酷い ノンフィクション ウラガンキン げんなり 自遊空間  オムライス それいけ!アンパンマン  なんでやねん 死亡事故 ニココレ 病弱 グラ天 楽天市場 単行本 近隣トラブル 笑点 対策 スミマセンネオトサン ネタバレ 心配 要領が悪い  整形外科 性格ブスは●●の特権  「私はダメダメな人間です。」 ヴィクトリアンドレス フィリップアイランド アイルー 地雷バトン 特許権 知的財産 生活音被害 アパート 総括 不安 ニコットガーデン ジンオウガ 盗作 生理 裏技 文房具 ぺんてる 毎週イベント 漫画 インディカー 白雪姫症候群 バレンタイン 化粧品 彼氏さんの物 交通事故 動画 首都圏直下型地震 バリケロ 村山文夫のグランプリ天国 欲しい物 地震 拡散希望 ニコッとガーデン 中越沖地震 中越地震  苦手な食べ物 自分絵 浅草寺 スウィーツ アバターアイテム 通販 神棚 珈琲貴族エジンバラ 青山博一 香水 甘い物 ブログイベント 立ち蕎麦 セパン SNS  CSN(←カズン) 選挙 限定品 即席スープ グリフォンハンター 持論 復興祈願 がひーん!!! 小技 ゆるゴーストサークル 挨拶回りの週間総括 asahi.com マジックボール 前回の続き R.I.P 空気洗浄機 苛め 空気清浄機 らでぃっしゅぼーや ついったーbot COCORO@mode 旅行 NAGOMI コーヒー 彼氏さんのスクーター htmlタグ 蟹座 サザエさん ニコットRPG2(エイプリルフール企画) 森永エンゼルパイ ファミリーマート ゆがふる イトーヨーカドー バレンティーノ・ロッシ 英玲奈のコーナー要らない、その時間が無駄 天然石 くまのプーさん 新カテゴリー  ヘレス・サーキット スペインGP おもしろい 家庭教師ヒットマンREBORN!  ゆほびか。 大雪 トゥリニセッテ 置き傘 産婦人科 比較 病院食 ミニブログ コツ シチュー 花のズボラ飯 孤独のグルメ アレルギー 蜂蜜 FC2ピヨ 大晦日 池袋 開花宣言 はぐれカメット ぶくろ エイプリルフール 立派な痔 gooひとこと  緊急  再開 お菓子 集英社 ポジティブな絶句 マッサは遣れば出来る子 寝具 予定 体調不良 風邪 ロリス・カピロッシ 消しゴム アンパンマン 引越 おもちゃ しょくぱんまん様 雑誌 R25.jp gooニュース JR新宿駅 原田信助 R-TYPE 設定がいちいち酷い 欝になりそうな設定 日刊サイゾー 痴漢冤罪 イトカワ はやぶさ 新宿駅痴漢冤罪暴行事件 事件 冤罪 女性専用車輌 川田利明 浅草に帰りたい ポケモン ガチャピン ムック 丸美屋 ブランドムック イヴ・サンローラン ブラジルGP バレンシアGP 野球延長の所為で 中日ドラゴンズ 千葉ロッテマリーンズ カップスープ コンビニ 富士そば 浅草名物 助六 アブダビGP 鉄人 天丼 押上タワー ローソン おでん 魚河岸揚げ せんねんそば 第2東京タワー 非人道的設定 MSN産経ニュース チャーミーキティ Baby,TheStarsShineBright ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル 遣り方がいちいちエグい 睡眠時無呼吸症候群 ヘッドドレス HeartE 怨み 薀蓄 呪い 窓硝子の罅 韓国GP  パワーパフガールズ 東武線 ランチ 西新井駅 ラーメンスタンド SWIMMER 武藤敬司 嫌韓流 うなぎ バブルスが好き鰻 白湯 教えてgoo こども手当て 釜飯 銀のさら ミルクティ タリーズコーヒー 肋軟骨キター 発達障害 Rozen 若松川田 神経精神科 コピー&ペースト コピペ 給食費未納問題 新潟市立笹口小学校 おはようからおやすみまでくらしに夢をひろげるライオ Maiden 至高の料理 迷信 仕付け 筆記用具 宅配 釜寅 躾け  りぼん 年賀状 酒井まゆ MOMO 買い物 chocoholic 下戸 京都 お掃除 バルサン 茄子 なす 味覇 ナス ゴキブリ 衰退の歴史 まさお君 旅犬 ポチたま ラジオ体操 オフ会 Cafesta ニコッと農園  お弁当 金燦銀燦 GGI3 ゴッドマーズ 浅草ROX まつり湯 スーパー銭湯 健康ランド 付録のバッグ 柏崎 MAD動画 YouTube 中間発表 違法ダウンロード刑事罰化 DVDリッピングの違法化 SoftBankプリモバイル 改正著作権法 だいすけ君 転載 格安弁当 デリカぱくぱく ワケアリ有田みかん 弁当250円 コロッケ20円 たこ焼き6個100円 ハムカツ60円 ティガレックス 原発国民投票(笑) 日本テレビ スッキリ!! ロールパンナ 家政婦のミタ 三原ミツカズ 通販生活 DOLL 質問 一般常識 生活の知恵 ジエン・モーラン 峯山龍 アレ 設定 プレ企画 怪物くん ヤンキーキャンドル アロマキャンドル ヘレス リズラ・スズキ アルバロ・バウティスタ 手持ちメガ白バラ MonsterHunterPortablr3rd ロウソク 覚え書き トニー・カナーン いじめ バイオリン 恋バナ 暴君 フィドル チョコレート はぴば★彡 スイス 体育委員会 七松小平太 人間取扱説明書 マンデリン ブルックス ダン・ウェル丼 ダン・ウェルドン ポケットワーク ツインリンクもてぎ レディースコミック うらめしや モスバーガー タレカツバーガー タレカツ丼 COCO'S 中華料理おがわ おしらせ 挿絵 ロクシタンカフェ 言い訳 トイレの神様 オススメ 魔木子 ダイキュリーアイス カレルチャペック紅茶店 七夕 百円均一 ターコイズブルー 手作り ダイハツ 新カテゴリ 不平不満 ミゼット 旧車 羨ましい かわいい インテリア ニコッとフェニックス計画 大阪王将 エアコントラブル HowTo ぎょうざクラブ 会員証 金欠中 秋葉原 オート3輪 サークル チロル アルプスの少女ハイジ ジェイコム P限定 キラキラ橘商店街 コーヒーカップ 墨田区 ヒートショック 長風呂 エアベッド スタジオジブリ コスプレ カインズホーム リウマチ 風呂バンズ600 ロイヤル通商 ミツバチ 遊助 ピストバイク 自転車 道路交通法 中国 韓国 魚拓 危険運転 背景 ニコッとフリマ デニーズ墨田立花店 セブンイレブン墨田八広店 筋トレ 永谷園 五目焼きビーフン ビーフン 魔改造 トラブル 交換 ギギネブラ おでんの具 ベリオロス ハロウィン お部屋アイテム しまむら ゴスロリ 墨田中央病院 ナポリの窯 こいつら100%伝説 煙害 受動喫煙 ターミネーター 歯科口腔外科 墨東病院 親不知 アメトーーク ブログ移転 西新井 尿漏れ 泌尿器科 ストーンマーケット BABY 土用 代官山 マレーシアGP 東京都知事選挙 ガネッシュマヒール う●こビル 墨田区役所 クラスター 上尾市 ニコペット お姫さん 恥ずかしい 陸前高田の高校生の訴え PCX 水道橋 メンチカツ 加藤大治郎 高橋江紀 お酒 鈴鹿 エビフライ こってり 刮痧 アリオ西新井 フローライト セカンドクラブ ケロ会長 天下一品 ラーメン 南千住 オーストラリアGP イスラム教 エジプト暴動 ムバラク政権崩壊 宗教 創価学会 id=925038 在日 エジプト 天皇 ライディングスポーツ 板野友美 AKB48 寿司 群ようこ InnocentWoerld 嶽本野ばら ポッキー ブロンコ 隙間収納 本棚 ロフトベッド 中古PC コート パクリ 近藤真彦 家具 Nissen 新潟市 蒲原まつり ハンバーグ 祖母 かりかりぴー スノウツインズ改 双剣 海鮮ユッケ くら寿司 マクラーレン 攻撃しない平和主義者 装備 景品 商品 制服 ジャージ 素材 リオレウス マレーシアGP 予知無 白バラの花束 マルコ・シモンチェリ ロッテリア id=666172 テーマ 焼きそば リンガーハット ポテトサラダ Ban'sKitchen amazon 新小岩 ばんちゃん 富沢祥也 えびオムライス 宮帯出版社 東京手帖 皿うどん 美味しんぼ 東洋水産 固焼きそば いか焼きそば ほぼ日手帳 手帳 MyBirthday 

R I P Shouya Tomizawa #48。

walking cat。

blogram.jp。

blogram投票ボタン

BLOG MOON。

cat thermometer。



THE CAPTAINS。



ガチャ便。


favolite list 【楽天市場】。

T-SITE。



Nicotto Town。





QR code。
QR
various attention。

『浅草もへブログ。』に お越し下さいまして
誠にありがとうございます。
当ブログをご覧頂くにあたり 幾つか
注意事項がございます。
必ず お目通し下さいませ。

① 記事について
当ブログは 基本的に
私の主観でしたためております。
時々 私の主観でないもの、
つまり フィクション記事も ございます。
従って 内容を額面通りに 素直に鵜呑みに
なさらない方が 賢明です。
情報操作の為に 意図的に 真実とは異なる
内容をしたためる場合もございますので
真偽の確認は 各自で お願い申し上げます。
また 私の文章で気分を害されても
私は 一切の責任を取りません。
クレームに応じるつもりも ございません。
気分を害したなら どうか 2度とお立ち寄り
なさいません様に、 基本的には
各々方の自己判断で お願い致します。

② コメント欄について
当ブログのコメントは 認証制です。
私の独断で 許可か否かを判断致します。
また 頂いたコメントを元に 新たな記事を
したためる事もございます。
その場合 確認は取りません。
勝手に流用させて頂きます。
それを念頭に置いて コメント下さいませ。
また 流用の際は IPアドレス等も
公開させて頂く場合もございます。
あわせてご留意下さいませ。
主に 私が“荒らし”と判断した場合
IP情報を公開致します。

③ トラックバックについて
当ブログは トラックバックも認証制です。
私の独断と偏見で 可否を判断致します。
広告目的な物は 全面的に認めません。
アダルトな内容も 受け付けません。
当ブログへの言及は 無くても構いません。
TBのお返しは しないかもしれません。
また TBして頂いた記事を元に 新たな記事を
したためる場合もございますが
その場合 流用の許可は 取りません。
頂いたTBは 基本的に
「流用しても良いもの」 として 扱います。
その際 画像等を拝借する場合もございますが
流用の許可は 取りません。
「流用しても良いもの」 として 扱いますので
その旨 ご留意下さいませ。

④ リンクについて
当ブログは リンクフリーではありません
トラックバックは認めますが
文章や画像のお持ち帰りは 認めません。
当ブログの著作権は 管理者である 私に
全権がございます。
著作権を放棄するつもりもございません。
http://y7.net/blog-cologne/
このURL以外は 一切 持ち帰らないで下さい。
必要であれば お申し出さえ頂ければ
TB返しは致します。
画像の流用も 基本的には 認める姿勢です。

⑤ 出会い目的の訪問者様へ
最初に お断り申し上げますが
私はレズビアンです
男性の下半身に 興味はございません。
悪しからず ご了承下さいませ。
一応 お付き合いしている方(←男性)が居ます
お友達は そんなに積極的に欲しいとは
思っておりませんが 要らないとは思いません。
同性・異性に関わらず です。
また 私とお友達になりたいと思って下さる
女性が 仮に 現れたとして、
身長が170㎝以下なら 恋愛対象になりません。
その点を ご注意頂ければ 問題無いと思います。
170㎝~173㎝が 危険域です。
男性に対しては 恋愛の方面の興味も
下半身への興味も ございません。

⑥ その他
何かございましたら メールフォームから
お問い合わせ下さいませ。
すぐにご返答出来ない事もございますが…。
wrote : 2010 11 21 sun.
管理人 : cologne.

friend application。

この人とブロともになる

access analysis。
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。